受験ノウハウ

「点を取りに行く」

このほど、「お正月集中・医学部小論文対策講座」が終了しました。受講生のみんなは、真面目に受講してくれました。感謝したいです。彼・彼女たちは、「医学部・小論文とは、どういうものなのか」「点を取りに行くとは、こうなんだ」など、分かってくれたようです。
それにしても、思うことがあります。「医学部に合格する要素の90%は、ノウハウを実行することであり、10%が知識を習得することです」。通常の受験生は、逆に、「合格する要素の90%が、知識を習得することであり、10%がノウハウらしいものをやることです」。あなたは、どう思いますか。
「ノウハウ90%・知識10%」の人は、必ず合格します。「知識90%・やり方(ノウハウ)10%」の人は、合否は不明です。
今回の「お正月集中・医学部小論文対策講座」の受講生が、本番で一生懸命やり、合格してくれることを、切に願います。もし、受験生の要望があれば、「北は北海道から南は沖縄県まで」どこへでも出張講演・講義をやりに行きます。私だけでなく、「スクール東京」の講師の先生方も、みんなそう。全国の真面目な受験生が合格するためなら、いくらでも協力したいです。いつでも、呼んでください。
医学部受験生のあなた! 今年は、激走! 絶対合格だ! 体に気をつけて。

【「正しい日本語の書き方」が、出版されました】

* * * * *

 

 

 

 

【メルマガ登録キャンペーン実施中!】
メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
http://bit.ly/2IfPdgL

* * * * *

スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座49―産業医科大学(医学部医学科)2011年度―

    [今回の過去問]産業医科大学(医学部医学科)2011年度 目標60…

  2. 受験ノウハウ

    「受講生からの、推薦文!」

    -----------------------------------…

  3. 受験ノウハウ

    「論文の書き方のワンポイント」

    -----------------------------------…

  4. 受験ノウハウ

    「まず『焦るな』と伝えたい」

    医学部受験生のあなた。どんどん、本番が迫ってきています。しかし、まず「…

  5. 受験ノウハウ

    【これならできる】 第2回「点数に、一喜一憂しない」

     平川です。自分に問題があると分かったとして、次に毎日の勉強で注意すべ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

  1. その他

    「論文答案のチェック方法」
  2. 受験ノウハウ

    「試験直前の過ごし方が、すべて」
  3. 受験ノウハウ

    「良い経験になったに、違いありません」
  4. その他

    「合格は、時間ではありません」
  5. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座㉝ー慶應義塾大学・医学部2008年度ー
PAGE TOP