その他

平川先生の小論文講座50 ―産業医科大学(医学部医学科)2011年度―

[今回の過去問]
産業医科大学(医学部医学科)2011年度 目標60分
次の文章の冒頭は、ある産婦人科開業医から著者への相談です。それに続く著者の文章を読んで、下記の設問に答えなさい。
長年診察している患者から「先生の説明には情がこもっていない」と言われました。
数週間前に彼女の親友が亡くなったことが関係しているかもしれません。どのように
慰めの言葉をかければよかったのでしょうか?(60代。婦人科開業医)
(中略)
患者が「情がこもっていない」と言うに至った事情が、どうにものみ込めなかった私は、直接彼女から話しを聞くことにしました。
彼女の話によれば、亡くなった親友は2歳年上で、とても頼りにしていたそうです。
その親友が、乳癌の再発のため、治療もむなしく亡くなってしまいました。
親友の死に深く落ち込み、生きる気力まで失いかけたちょうどその頃、彼女は新聞でホルモン補充療法のリスクについての記事を読みました。「自分も10年近くホルモン補充療法を受けているから、乳癌になるかもしれない」と不安になり、その婦人科開業医を訪ねたのでした。
彼女はその婦人科医師に、親友が乳癌で亡くなったことや、ホルモン補充療法を続けている自分も乳癌になりはしないか心配だということを、遠慮がちに話しました。主治医であるその婦人科医師が気を悪くしないように、彼女なりに気を使って、おそるおそる切り出したのです。
ところが、その婦人科医師は、話 を最後まで聞くか聞かないかのタイミングで、「何を言っているのですか、ホルモン補充療法で乳癌になるなんて、1年当たり100人に1人もいません。交通事故のようなものですよ」と即答しました。
(中略)
彼女は、その婦人科医師の本性は「冷たい」と直感的に感じました。そして、これまでその婦人科医師の下でホルモン補充療法を続けてきたけれど、病院を変えた方がよいのではないかとまで思うようになったそうです。(佐藤綾子「医師のためのパフォーマンス学入門」、『日経メディカル』日経BP社、2010年6月号、146-147頁より抜粋、1部改変)
〈設問〉
この婦人科医師のどのような行動に問題があったのでしょうか。また、どのようにこの患者さんに接するべきだったのでしょうか。あなたの考えを600字以内で述べな
さい。

[第50回]
前回の議論を踏まえて、A子さんは答案構成を考えてきました。今回は、この書くべき事柄の整理を踏まえて、書き上げてもらいます。

「答案構成こそ、小論文作成の要」

▼平川先生「こんにちは、今週もよろしくお願いします」

A子  「はい、こちらこそ、よろしくお願いします」

平川先生「A子さん、先週言っていた答案構成は作ってきましたか」

A子  「はい、こんなふうに書いてきました」

〈答案構成〉
産業医科大学(医学部医学科)2011年度

平川先生「ふむふむ。医師と患者との関係、病気における心と科学との関係等、大事な
ことは踏まえていますね。では早速、書いてみてください」

(しばらくして、以下がA子さんの描き上げた答案です)

病気とは、本来肉体的な障害であっても、精神的な健康面に大きな影響を与える。逆に、メンタルな部分で健康なことが、肉体的な病の回復を促す関係にある。そこで、治療に当たっては医師に対する信頼関係が、大事な要素となる。それにも関わらず、設問の婦人科医師は、友人の死に、生きる気力さえ尽き欠けていた彼女の話をよく聞きもしなかった。それどころか、「最後まで聞くか聞かないかのタイミングで、『何を言っているのですか、ホルモン補充療法で乳癌になるなんて、1年当たり100人に1人もいません。交通事故のようなものですよ』と即答し」たのである。失意の彼女の精神的状況を十分に把握せずに、一方的に自己の見解を押しつけた。信頼関係は崩れるのは当然であった。
本問における婦人科医師の問題は病を治すとはどういうことなのか忘れてしまったことである。
この医者の取るべき態度は、難しいことではなかった。女性は、ただ、自分も同じ病気が原因で急死するのではと、不安になっていただけである。医師としては、患者に寄り添うように、話にじっくり耳を傾けてあげさえすれば、よかった。聞いてあげることだけで、彼女が抱える不安、疑問を解消することができた。その上で、医学上の専門的視点からの問題の指摘、治療の必要性を伝え、患者である彼女のホルモン補充療法への理解を得、治療方針への同意があればよかったのである。(580字)

平川先生「どうです、答案構成をしてあると、文章が書きやすいでしょ」


A子 「はい、柱ができていて、それとの関係で何を書くべきか、あらかじめ
    予測できるので書きやすかったです。本問でいえば、病気の治療にお
    ける医師と患者との信頼関係が問題だということに、焦点を絞って述
    べることができました」


平川先生「そうですね、答案構成のよさは、様々な事柄の関係が分類できる。その上
     で、述べるべき事柄を整理できることです。筋道立った文章の柱が、できると
     いうことです。
     さて、前回までは、スク男君がいました。今回、スク男君は、めでたく国
     立大学・医学部に合格しました。その彼の答案というお手本がありました。
     今回は、A子さんにとっては、自分だけで書いた最初の答案ですね。
     どれどれ、なるほど、おおむね書けています。ただ、まだ書き慣れていない
     せいですね。同じ言葉を、例えば、『婦人科医師』『彼女』の言葉が、短い文
     の中でくりかえしたり、句読点が付いていなかったりしています。
     たとえば、中段にある『本問における婦人科医師の問題は病を治すとはどう
     いうことなのか忘れてしまったことである』の部分は、1文がそこそこの長さ
     なのに、読点(『、』)が、全くありませんね。表記も大事な小論文のチェッ
     ク・ポイントです。そもそも、日本語としての表記になっていなかったら、誰
     も読みません」


A子 「本当ですね。気がつきませんでした。スク男さんに比べて、私は注意力に欠
    けていました。だから、国立大学・医学部に不合格だったんですね。読み手であ
    る採点者の立場に立って、チェックする必要がありますね。小論文を書くとき
    には、こんなことまで注意を払うんですね。恥ずかしいけれど、スク男さんとご
    一緒に勉強をしている時には、気づきませんでした。まだ、医学部受験が他人事
    だったんです。勉強になりました」


平川先生「他人事では、夢は実現できませんね。やり遂げるぞ、私はできるんだ、
     そんな思いから初めて、これまでやれなかったようなことが、成し遂げられ
     るようになるんです。受験は、自分との戦いです。1つ1つ乗り越えて、い
     きましょう。今から頑張れば、人より一歩先を行きます。来年の合格が確実
     になります。
     さて、そろそろ時間です。次回までに、繰り返しの表現、句読点等の表記
     上の修正をしておいてください」

A子  「はい、分かりました。今日はありがとうございました」

平川先生「では、来週も合格目指して、頑張りましょう!」

【合格する小論文のヒント】
「試験委員の立場に立って、答案を作成する」

どうしたら合格できるか。簡単です。設問をしっかり読んで、試験委員の立場に立って何を求めているか思考すればよいのです。句読点(「。」や「、」)を付けることも、その1つです。細かいようですが、日頃からのこうした思考が、考える力、優れた論理的思考力を生み出します。そのためにも、答案の表記も含めて、過去問の検討を確実に、やり遂げる。答案構成にして頭を整理することが大事です。
夢を、絶対に実現!!

* * * * *

〈医学部・受験の電子書籍、ペーパー書籍の案内〉

1、「小論文の最終チェック」
本書は、受験生のため、すぐにでも小論文が使えるノウハウが、
述べられています。
各大学の過去問の答案例を基にしています。
読めば、それだけで答案作成のイメージが付きます。
夢を必ず、実現!

■電子書籍版500円(税込)
https://amzn.to/2H5ouGO

■ペーパー書籍
近日発売予定

さあ、あなたもこれを見たら
アマゾンで本書をダウンロード!
スマホ、タブレットで、
どこでもチェックできます。

2、「読むだけで身につく医学部・小論文 重要ポイント」
間近に迫った小論文対策にぴったり。

■電子書籍版500円(税込)
https://amzn.to/2S9BaSf

■ペーパー書籍1,620円(税込)
https://amzn.to/2tlEZoD

3,〈医学部・受験のレクチャーの案内〉

「小論文の最終チェック」発売に伴い、
本書を使用した特別講義を行います。

無料です。講師は、本書の著者である
成川豊彦先生です。

https://youtu.be/OoT2eG-5uBI

* * * * *
平川先生の小論文講座50
スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. その他

    「自製のストレス処理法を、編み出してください」

    医学部受験生のあなたへ。おかしな気分転換が、あるものです。北陸地方の資…

  2. その他

    「考えて、決めるのだ!」

    -----------------------------------…

  3. その他

    「食べ物も勉強も、いいものをイン・プットするように」

    医学部受験生のあなたへ。地方から受験相談に来た高校生2人が、深刻な話を…

  4. その他

    「もっと、もっと研さんしてもらいたい」

    医学部受験生のあなたへ。先日、医学部進学高校に通っているA君(17歳)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版発売中!・ペーパー書籍版近日発売!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

  1. 受験ノウハウ

    「何だって、大変なことはある!」
  2. 受験ノウハウ

    「気にしている場合では、ない」
  3. 受験ノウハウ

    「日々、1センチずつ進んでもらいたい」
  4. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座② 「ピントを合わせる」
  5. 受験ノウハウ

    「賢いあなたは、必ずやれるでしょう」
PAGE TOP