受験ノウハウ

平川先生の小論文講座43―近畿大学・医学部(2011年度)―

[今回の過去問]
 近畿大学・医学部(2011年度) 40分
  論題:「チーム医療」について
  (注) 横書きで400字(20字×20行)以内にまとめること。

[第43回]
昨日(1月22日)の国際医療福祉大学、愛知医科大学を皮切りに、いよいよ医学部の入試が始まりました。
今回から数回に渡っては、医学部・小論文における典型的な論点を取り上げていく予定です。当講座が、あなたの本年度における合格に、少しでも役立てられれば、光栄です。夢を、必ず実現1

「1行問題は、まず定義から」


▼平川先生「さあ、センター試験も終わり、いよいよ医学部の入試です。
     スク男君、調子の方はどうですか」

スク男「ええ、まあまあです。一浪しているので、多少焦りもあります。でも、
    この講座で、先生に指導していただくようになってから、落ち着いて
    勉強できるようになりました。
    教えていただいているのは、小論文ですが、勉強そのものも、
    以前より力まず、マイペースでできるようになってきました」

平川先生「そうですか。それはよかった。ところで、マイペースとは、どういう
     ことですか」


スク男「はい、じっくり考えて勉強することが、できるようになったということ
    です。
    以前までは、英語、生物、化学等、とにかく、問題を隅から隅まで
    何度もやりまくる。そして、出題パターンを覚える、忘れたら覚える、
    また忘れるという、繰り返しの勉強でした。
    一日中追い立てられているような、感じでした。
    それが、出題者が何を求めているか、を考えるようになって実は、
    基本プラス現場思考の勉強が、大切だ。その場の応用力を付けること
    が、大事だ。覚えることは、ほんの少しだということが、分かりま
    した」

▼平川先生「なるほど、あなたの言うマイペースの意味が分かりました。
    そうです、記憶ではなく、考える力、論理的思考力です。
    まさに、小論文の出題者が求めているものと、同じです。
    スク男君は、大切なことに気きましたね。
    この1年間は、決してむだではなかったということだね。

    さあ、それでは今回の問題を見てみましょう。1行問題です。
    『チーム医療』について、どう考えるかという設問です。どうですか」

スク男「答案構成としては、まず『チーム医療』の定義、そして、なぜ問題と
    なるのか、どうあるべきかという具合に、自分の考えをまとめます」

平川先生「答案の組み立てとしては、そんなところでしょうか。
    では、具体的に考えていきましょう。
    もちろん、『チーム医療』の定義なんて、受験生で、覚えている人
    などいません。自分なりに、この言葉から検討してみてください」

スク男「はい、そうですね、チームで医療ということから、『チーム医療』とは、
    医師・看護師・薬剤師等の医療従事者が、患者と対等な立場から情報の
    交換や意見のやり取りをして、集団として治療にあたることをいう、と
    思います」


平川先生「そうです。よく考えました。十分です。では、なぜ、近畿大学(医学部
    は、『チーム医療』を問題としたのだろう」

スク男「うーん、何だろう。高齢化で、患者の病気が必ずしも1つではない。
    例えば、ガンを患う患者が、高齢のため認知症でもある場合、診療科は内
    科だけでなく、精神科も関わることになります。その場合、2つの診療科の
    医療スタッフの協力関係が不可欠です。こんなところでしょうか」

平川先生「なるほど。それとともに、医療技術の高度化・専門性からくる必要性も
    ありますね」

スク男「そうか、ブラック・ジャックみたいに、1人でなんでもやっちゃう医者
    は現実にはありえない、ということですね」

▼平川先生「そうです。さて、『チーム医療』の定義、その背景が明らかになりま
    した。次回はここからまとめ上げ、答案を完成させましょう」


スク男 「はい、今日もありがとうございました。来週も、よろしくお願い
    します」

平川先生「承知しました。夢を実現するために、
    あと少しだけ頑張りましょう!来週もお楽しみに」

【合格する小論文のヒント】

「なぜ、を忘れない」
1行問題は、まず出題テーマの定義を書きましょう。その上で、なぜ、そのテーマが大事なのか、今回の平川先生とスク男君のやり取りのように、考えてみましょう。出題意図が見えてきます。あとは、定義を踏まえて、問題点(背景)、そして自説という具合にまとめられれば、十分です。

夢を、絶対に実現!

* * * * *

【ワンコインで、君の未来が変わる】

アマゾンで、発売中!
本書は、受験生のため、すぐにでも小論文が使えるノウハウが、述べられています。
各大学の過去問の答案例を基にしてます。読めば、それだけで答案作成のイメージが付きます。
夢を必ず、実現!

* * * * *

【メルマガ登録キャンペーン実施中!】
メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。

* * * * *
平川先生の小論文講座43 監修
スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 受験ノウハウ

    「質問、命」

    医学部小論文のために勉強している人に、学習上達法の1つをお教えします。…

  2. 受験ノウハウ

    「私に、負けないでください」

    医学部の受験生と一緒に勉強して、「おかしい」と思うことがあります。それ…

  3. 受験ノウハウ

    「四の五の言う時期は、終わった」

    平成31年度センター試験(2019年1月12日・13日)まで、あと16…

  4. 受験ノウハウ

    「最長かつ不確実な方法を取る受験生のパターン」

    昨日お話した、「最長かつ不確実な方法」を取る受験生のパターンは、次の通…

  5. 受験ノウハウ

    「研修医からの手紙・・・」

    医学部受験生のあなたへ。あなたの先輩に当たる、A大学医学部研修医2年目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2021年4月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  1. 受験ノウハウ

    「ジャンクは、避ける」
  2. 受験ノウハウ

    「あれから、7年」
  3. 受験ノウハウ

    「映像だけでは、分からない」
  4. その他

    「何を言いたいのか」
  5. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座42―愛知医科大学〈小論文一日目〉(2016年度)―
PAGE TOP