受験ノウハウ

「適切な内容を、まともな文字で速く書く」

医学部受験生のあなたへ。医学部入試の小論文を、1時間・800字以内で書くように指定されたとしましょう。それは、どういうことを意味しているのでしょうか。
(1)問題そのものが、1時間・800字でちょうど、適切な所要時間と記述量になっていることです。だからあなたは、750字以上は、書きたいものです。現に、書く内容は、たくさんあります。ただ、筆が遅い人は、時間内で書き終えられるかどうかなのです。
(2)受験生の中に、「自分は、いつも400~500字で収める。内容さえしっかりしていれば、大丈夫」という、うそぶいている人がいます。明らかに、間違っています。出題者の指示に従わないと、医学部入試という競争試験には、勝てません。
(3)過去45年間の私の調査からすると、毎年1発で合格する人は、ほとんど(100%に近く)が、指定された字数、いっぱいに書いています。逆に、不合格の人ほど、筆記量が少ないです。
(4)この問題を解決するのは、簡単。「適切な内容を、まともな文字で速く書く」訓練をすることです。
この程度のことは、朝めし前でやります。もし、それができないというのは、それはそれでいいでしょう。別の職業を探せばいいだけですから。
あなたと同じ世代の野球やサッカーの選手は、目に止まらぬスピードの球を打ち、シュートするのです。その技術を上げるために、年に2~5日の休み以外は、すべて練習・実践に命をかけています。
あなたは、医学生というプロのタマゴになるのです。そんじょそこらの「もの知り」になるのではありません。医者という専門家になろうとするのです。しっかり、自己研さんを積むことです。
どうしても、速く書けないという人は、私の個人指導を受ければいいでしょう。いつでも面白く、特訓をしてあげます。
医学部受験生のあなたへ。若いときに、厳しくトレーニングを受けた人だけが、真のプロフェッショナルになれます。もたもたしない。あなたは、1流のプロフェッショナルになるのだから、本腰を入れて、励みましょう。

* * * * *

何をどう書いたらいいか、悩んでいるあなたへ。

本書「小論文の最終チェック」は、大学の医学部のように、小論文が必須の大学の受験生を対象に、「どのような視点で、どうやったら合格する文が書けるようになるか」を、述べたものです。
小論文は、短くともある事柄についての論理的な文章です。出題者は、筋道を踏まえた思考力の有無を、あなたの答案を通して確かめています。題意に沿って内容を述べることが、大事です。
「でも、どうやったら題意をつかめるか」「出題の狙いが分かっても、書きだしの仕方が分からない」そんなあなたのために、この本は、すぐにでも書けノウハウが、述べられています。
また、本書では、各大学の過去問を題材としています。実際の答案例を基にしています。通して読めば、合格答案のイメージも付きます。

夢を必ず、実現!

定価は、500円。ワンコインで、あなたの未来が変わる。
【「正しい日本語の書き方」が、出版されました】

* * * * *

 

 

 

 

【メルマガ登録キャンペーン実施中!】
メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
http://bit.ly/2IfPdgL

* * * * *

スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 受験ノウハウ

    「濁しては、だめ」

    医学部の受験生で、現在、銀行勤務の人から聞いた話です。M&Aを手がけて…

  2. 受験ノウハウ

    「よく、気付いてくれた」

    -----------------------------------…

  3. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座61―横浜市立大学(医学部医学科)2007年度―

    [今回の過去問]横浜市立大学(医学部医学科)2007年度 目標60…

  4. 受験ノウハウ

    「私のことが、新聞に載っている?!」

    少し前の話になります。医学部受験を、予備校に通いながら始めたAさん(3…

  5. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座⑲

    本日は、平川先生の小論文講座第19回目をお届けします![設問]…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

  1. 受験ノウハウ

    「奇才、逝く」
  2. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座⑮
  3. 受験ノウハウ

    時代の先取り3 旧態依然とした業界
  4. 受験ノウハウ

    「『こわいこと』とは?」
  5. その他

    「1,000%、合格できる」
PAGE TOP