受験ノウハウ

「日ごろの心構えが、重要です」

医学部受験生のあなたへ。本番では、「時間が、いくらあっても足りないもの」。特に、センター試験では、緊張もピークに達し、「1秒も、ムダにできません」。そこで、日ごろの生活においても、いつも、スピード・アップを心がけるべきです。ところが、勉強や仕事の速度が遅い人が多いです。歩くのは、ノロノロ。勉強や仕事に、着手したり仕上げたりするのが、スロー。私の3倍以上の時間がかかっています。現役の受験生なら、もっと速くしましょう。こんなことでは、二次試験の本番における答案の構成や作成に時間が足りないのは、当たり前です。1科目が60分の試験であれば、「5分~10分程度でまとめ、50分で書き上げる」ためには、日ごろの心構えが重要です。「一瞬一生」なのです。それができる人が、上位合格します。できない人は、落ちます。ものごとを、速くやるためのポイント。勉強も仕事も、いつも「本番試験」のつもりでやりましょう。
医学部受験生のあなた。スピードを上げようとしない人は、この試験には向いていません。別の仕事を、探しましょう。あなたは、医師として、スタートするのだから。必ず、ものごとを、速く、仕上げましょう。

【「正しい日本語の書き方」が出版されました】

* * * * *

 

 

 

 

【メルマガ登録キャンペーン実施中!】
メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
http://bit.ly/2IfPdgL

* * * * *

スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 受験ノウハウ

    「本物人間に、なる」

    医学部の受験生やビジネスパーソンの中には、量をやらないうちから質で悩む…

  2. 受験ノウハウ

    「試験=人生って?」

    医学部受験生のあなたへ。「受験は、純然たる試験である」と思っては、いけ…

  3. 受験ノウハウ

    「自分史上、最高の年に」

    -----------------------------------…

  4. 受験ノウハウ

    「奇才、逝く」

    -----------------------------------…

  5. 受験ノウハウ

    「あなたにとって、本物とは?」

    医学部受験生のあなた。どうせ生きているなら、「本物の勉強」をしませんか…

  6. 受験ノウハウ

    「後輩に、先を越されるな」

    医学部受験生のあなたへ。最近、受験生のA君(18歳)から聞いた話。地方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2021年4月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  1. 受験ノウハウ

    「消しゴム雑感」
  2. 受験ノウハウ

    「これも、誤解のないように・・・」
  3. 受験ノウハウ

    「『合格・小論文』が書ける」
  4. 受験ノウハウ

    「折り込み済みでは、ありませんか」
  5. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座㉞ ―慶應義塾大学・医学部2008年度―
PAGE TOP