その他

「働き者か、怠け者か」

医学部受験生のあなたへ。今日は、楽しくて面白くて、ためになる話をしましょう。「合格か不合格か」は、受験生である君の性格によって決まります。勉強の能率が上がるか否かは、いわば各論の事柄です。これは、総論の「合格する性格」に左右されます。
では、「合格する性格」とは、どういうものでしょうか。代表的なものに、プラス思考があります。どんなことでも、プラスの側面を中心に考える。ものごとを、積極的にアプローチして、消極的なことは、頭に浮かべないようにする。例を、挙げます。
①「時間がない」→時間を見つけましょう。人間は、1日のうち2時間ぐらい、ムダ時間があります。それを、なくす。受験仲間とダラダラ、話をやめる。ポカーンとしている時間を、少なくする。それに、言動を素早く。速く歩く。会話は、「テーマ→結論→(場合によっては、理由)」の順に。これらは、ほとんど、やられていません。だから、今から改善できるのです。
②「理解力が、乏しい」→よく考えます。暗記する時間を少なくして、思考する時間を多くします。まず、図を書いて、考える。マトリックス表でもいい。そうすると、ものごとの本質がよく見えてきます。関連項目との差異も、把握できるようになります。
③「人間関係に、悩んでいる」→嫌なことは、紙に書いて、すぐ忘れます。悩んでいる時間・エネルギーがもったいない。
───などなどです。「時間がない」「理解力が、乏しい」「人間関係に、悩んでいる」などマイナスのことを考えるのは、怠け者だからです。消極的なこと、嫌なことを考えると、今、何もしなくてよいことになります。自分の怠惰心を言い訳しているだけ。そんな時間があったら、小論文の1問でも解いた方がよいのです。
この人間社会では、働き者だけが、果実(合格・成功)を得ることができます。
───医学部受験生のあなたへ。「自分は、プラス型かマイナス型か」を、チェックする必要はありません。「自分は、働き者か怠け者か」をチェックすればよいでしょう。

関連記事

  1. その他

    「『暗記して受かる』型を、変えてください」

    医学部受験生のあなたへ。受験生のAさん(18歳・女性)から電話がありま…

  2. その他

    「脳を伸ばす」

    医学部受験生のあなたへ。いつも、頭を使っているから、脳の細胞の伸縮が、…

  3. その他

    「考えて、決めるのだ!」

    -----------------------------------…

  4. その他

    「やればできるし、分かります!」

    -----------------------------------…

  5. その他

    「生半可で、先に進まない」

    医学部受験生のあなたへ。勉強するとき、1つ1つの論点の基本を、しっかり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

  1. 受験ノウハウ

    「迫力ある平常心」
  2. 受験ノウハウ

    「愚か者になるな」
  3. その他

    「後、少しだけ頑張ろう」
  4. 受験ノウハウ

    「50年後の今日から、見て・・・」
  5. 受験ノウハウ

    「合格だけを考えろ」
PAGE TOP