その他

「『敗者』に意味があるのではなく、『復活』が重要なのです」

医学部受験生のあなたに、一つ面白いジョークをお話します。
司法試験の分野の話です。法科大学院を卒業すると、司法試験の受験資格とともに、「法務博士」という称号をもらえます。「博士」を名乗れるのです。その後、司法試験に合格すれば問題がないのですが、司法試験に合格しなかった場合、どうなるのでしょう。裁判官・検察官・弁護士という法曹になれなくて、「博士」といわれるのも、困ってしまいます。こんな話を、以前、司法試験受験生たちとしていたら、Aさんが、ポツリ、一言、投げかけてきました。「法務(ホーム)レス博士に、ならないようにしなければいけませんね」と・・・。
医学部受験生のあなた。1浪・2浪した人は、特に注意をしましょう。他学部レベルで換算すると、2年~4年滑り続ける勘定になるのですから・・・。
ここで、徹底的に「自己否定」をし、「自己改善」をします。そうすれば、残されたチャンスで、敗者復活できます。私は、いつも言っています。「人間、皆、敗者復活」。それでいいでは、ないですか。「敗者」には、あまり意味があるのではなく、「復活」が重要なのです。
「ホームレス博士」と医学部受験の多浪生は、近い存在といえます。もはや、「難民」です。心しましょう。毎日、毎日を一生懸命、生き、勉強すれば、そんな「博士」や「難民」にならずに済みます。「答えは、自分」なのです。
* * * * *

メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
https://hope-ex.jp/fx12617/O5yIHf

* * * * *

スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. その他

    平川先生の小論文講座51―産業医科大学(医学部医学科)2011年度―

    [今回の過去問]産業医科大学(医学部医学科)2011年度 目標60…

  2. その他

    平川先生の小論文講座50 ―産業医科大学(医学部医学科)2011年度―

    [今回の過去問]産業医科大学(医学部医学科)2011年度 目標60…

  3. その他

    「やればできるし、分かります!」

    -----------------------------------…

  4. その他

    「これから、これから」

    -----------------------------------…

  5. その他

    「春に向けて、一言!」

    -----------------------------------…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

  1. 受験ノウハウ

    「時間のない人は、情報で勝つ」
  2. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座73―日本医科大学2016年度―
  3. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座⑭
  4. 受験ノウハウ

    「『学問の国』から、カモメが飛んできた」
  5. 受験ノウハウ

    「入試終了翌日から、次の医学部試験までの数日間までは何をすればいいか。」
PAGE TOP