受験ノウハウ

「まず、歩くことから」

医学部受験に関係している人たちだけでなく、私から見て、今の日本人は、スピードが遅いです(昔の日本人も、そうだったかもしれませんが・・・)。
ここでは、医学部受験の関係者に絞って話をしようと思います。
スピード・アップは、簡単にできます。その方法を3つ述べます。
① 「医学部入試の合格には、スピーディーな思考・処理が必要」です。このことを自覚します。12月や1月になると、「あと1カ月、あったらなぁ」と思ったり、小論文試験の本番中に、「あと10分ほしい」と焦ったりします。これらは、日頃から、時間管理をしていないことが原因で起こるのです。時間管理に必要なのは、「計画」と「スピード処理」です。
② 医学部入試のためのすべての作業を、「単純作業」と「重要作業」に仕分けします。小論文なら、図解して、構想を決めることが「重要作業」。それ以外は、すべて「単純作業」です。通常は、いろんな作業や言動を、性質を考えずに行っています。だから、途中で混乱したり、能率が上がらなかったりします。これは、やる気があれば、すぐに解消できるのです。「単純作業は、超スピードで」「重要作業は熟慮する」だけでよいです。しかし、これが、なかなかできません。
③ まず、歩くことから始めます。スピーディーに移動しましょう。今の歩行速度を倍にはできます。
④ ①~③だけで、「あなたの1カ月分の時間を、2カ月分にできます」。

* * * * *

メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
https://hope-ex.jp/fx12617/O5yIHf

* * * * *

スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 受験ノウハウ

    【号外】小論文の最終チェック特別講義!

    さあ、いよいよ小論文「今からでも、間に合うか」と、不安なあなたにお…

  2. 受験ノウハウ

    「論文の書き方のワンポイント」

    -----------------------------------…

  3. 受験ノウハウ

    「本当の文章を書いて、早く医学部に合格してください」

    かつて私が筆を執った、「【決定版】成川式文章の書き方」(PHPビジネス…

  4. 受験ノウハウ

    「『体質だ』とあきらめない」

    医学部の合格を目指している32歳の女性から聞いた話です。一生懸命、勉強…

  5. 受験ノウハウ

    「模擬試験日の前は、効率よく」

    -----------------------------------…

  6. 受験ノウハウ

    「“平等”というけれど・・・」

    医学部受験生のあなたへ。来年のセンター試験まで、あと11ヶ月余り。オタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  1. 受験ノウハウ

    「合格のための、参考にしてください。」
  2. 受験ノウハウ

    「目や体を、いたわってあげて」
  3. 受験ノウハウ

    「考えました」
  4. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座⑰
  5. その他

    「時間の区別は『起きている』か『寝ているか』だけ」
PAGE TOP