総論

「論文の書き方のワンポイント」

———————————————

——————————————–

医学部の小論文の書き方を、これから1つずつ、勉強しましょう。

私の新聞記者の経験や、受験の経験、その後60年間の受験指導の経験で得たノウハウを教えます。

まず、大事なのは、ピントを合わせることです。

例えば、出題者が「A」については述べよと、言っているなら「A」について述べる。これが意外とできない。「A」を述べるのは、100人に4~5人しかいない感じがします。通常は「A´」「B」「C」とか関係のないことを言います。

合格点を取るためには、「A」と聞かれたら「A」と答えなければなりません。これは当たり前のことだから、分かるはずです。しかし、「A´」「B」「C」が、アルファベットではなく、文章になったら、とたんに分からなくなってしまう。具体的な問題は、近くやります。

医学部の小論文の書き方を、これから1つずつ、勉強しましょう。

私の新聞記者の経験や、受験の経験、その後60年間の受験指導の経験で得たノウハウを教えます。

まず、大事なのは、ピントを合わせることです。

例えば、出題者が「A」については述べよと、言っているなら「A」について述べる。これが意外とできない。「A」を述べるのは、100人に4~5人しかいない感じがします。通常は「A´」「B」「C」とか関係のないことを言います。

合格点を取るためには、「A」と聞かれたら「A」と答えなければなりません。これは当たり前のことだから、分かるはずです。しかし、「A´」「B」「C」が、アルファベットではなく、文章になったら、とたんに分からなくなってしまう。具体的な問題は、近くやります。

スクール東京

最高名誉顧問

成川豊彦

~~~~

略歴

昭和49年(1974年)

Wセミナー・グループを設立。

平成12年(2000年)

国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。

平成21年(2009年)

司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。

司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。

現在

中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 総論

    「自分史上、最高の年に」

    -----------------------------------…

  2. 総論

    「この言葉を、思い出して!」

    -----------------------------------…

  3. 総論

    「図表を書く重要性を、知る」

    先日、「小声で、問題文をゆっくり、読むこと」を勧めました。今日は、もう…

  4. 総論

    「『体質だ』とあきらめない」

    医学部の合格を目指している32歳の女性から聞いた話です。一生懸命、勉強…

  5. 総論

    「苦手なものを、やっつける!」

    -----------------------------------…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

  1. 総論

    「いいこと、1つもなし!」
  2. 総論

    「今年でケリをつける」
  3. 総論

    「人ごとではない」
  4. 総論

    「もっと、テキストに喜びを!」
  5. 総論

    「合格のための、参考にしてください。」
PAGE TOP