受験ノウハウ

平川先生の小論文講座73―日本医科大学2016年度―

[今回の過去問]
日本医科大学2016年度 目標60分

再生医療が注目を集めている。下の写真は、ネズミの背中で再生したヒトの耳である。再生医療について思うことを600字以内で述べなさい。
(原文には、「背中にヒトの耳を再生したネズミ」の写真が図示されています。編集の都合により、省略しました)

【これまでの話】
最近、話題の再生医療を扱った日本医科大学の問題検討、3回目です。

[第72回]

「出題意図には、細心の注意を払って」

A子 「今週も、よろしくお願いします」

平川先生「こちらこそ。前回、『再生医療』について、問題点の整理もできたので、答案を書いて
    てもらいました。おおよその事柄については、押さえられていましたが、原文の『背中
    にヒトの耳を再生したネズミ』について、触れられていませんでした。
     今回は、この耳の写真についての出題者の意図を考えます。その上で、答案を完成さ
    せましょう」  

A子「はい、正直『ヒトの耳』が生えているネズミの写真は、グロテスクです。今の科学技術は、
  こんなことまでできるのかと、思いました」

平川先生「そうですね。『再生医療』では、ヒトの受精卵を使う場合があります。そこで、場合
によっては、ヒトとしての萌芽(芽生え)を人為的に改造する『化け物』を作り兼ねない、
その危険のある技術ということを、出題者は訴え、受験生の意見を聞きたいのでしょう。
科学技術の発達は、誰のため、何のためという目的を失ったら、とんでもない化け物ま
で、作りかねない段階に来ています。A子さんは、どう思いますか」

A子「えっと、『再生医療』は、臓器提供者を前提としない分、他者の生命の犠牲はありません。
  しかし、一方で、医学というものが、ヒトそのものを変えてしまう危険がある、そんなこと
  を感じました。あっそうか、今、私が言ったことを文に入れればいいですね」

平川先生「そうですね。ピントが合えば、試験なんて簡単でしょ」 

A子「そうか、本当に(大事なことが、分かったように、パッと顔が輝く)。早速、書き直しま
  す」
(しばらくして、以下がA子さんの書いた答案です)

 再生医療とは、患者自らの細胞を再生して、病んだ部分を治癒する方法をいう。
 臓器移植は、あくまで提供者の『死』が、前提である。それに比べて、病人自身の細胞を使って対処するこの治療法は、安価で安全性も高い。将来的には、日本国内ばかりでなく、海外でも広く普及することが予想される。経済的に、大きな発展が見込める画期的な療治手段である。
2014年以降、政府もiPS細胞の研究を中心として、再生医療で世界をリードしようと、まず整形外科の分野で、骨折や軟骨の治療などで進めている。
もっとも、問題がないわけではない。再生医療が今後、大きく発展する上で乗り越える課題が2つある。
第1は、自身の細胞を使うということで、例えば患者がガンだった場合、再生した細胞を使っ
たとしても、もともと病気になりやすい遺伝子があり、体質的に発病しやすい。病人自身の組織である以上、同じ病気が再発する可能性が高いということである。
第2に、実験には、人の受精卵を使う場合もある。そこで、再生の研究により人のあり方まで変えることになるのでは、という指摘がある。そのよい例が、設問文に提示されている『背中にヒトの耳が生えていいるネズミ』の写真である。再生医療は、ヒト自体の細胞を活用する故に、意図的な人体改造につながりかねない危険がある。
 したがって、この治療法は、今後の研究が期待されるとともに、人道的見地から慎重に進める必要があると、考える。(598字/600字)

平川先生「なるほど、今度はしっかりと出題の意図に応えようとしていますね。自分なりの言葉
    で書かれています。合格です。
書き直しの時間も、ほぼ10分ほどでした。スピーディーです。
     本番に向けて力が付いてきましたね」

A子「ありがとうございます。褒めていただいて、うれしいです。」

平川先生「では、ちょうど区切りがついたので、今日はここまでとしましょう。
    次回は、杏林大学・医学部2014年度『学校や職場における“いじめ”について、あなたはど
    のように考えるか、800字以内で述べてください。60分』です。決して、他人事には、で
    きない問題です。医療という面からどう捉えればよいか、検討していきましょう。   
    来週も、お楽しみに!」

【今回のポイント】
「過去問の検討を通して、重要な論点の理解を広げていく」
 今回は、「再生医療」という医学の最先端の問題を取り上げました。
専門的なことなので、高校では習いません。しかし、今日の医療の課題である以上、医学部・小論文では、出題する大学が当然、予想されます。
過去問の検討を通して、問題点を理解し、答案として残しておけば、入試直前期の重要事項としてチェックができます。予想問題としての対策にもなります。
夢を、絶対に実現!!

* * * * *
【メルマガ会員募集中!!】
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。

〈医学部・受験の電子書籍、ペーパー書籍の案内〉

1、「小論文の最終チェック」
本書は、受験生のため、すぐにでも小論文が使えるノウハウが、
述べられています。
各大学の過去問の答案例を基にしています。
読めば、それだけで答案作成のイメージが付きます。
夢を必ず、実現!

■電子書籍版500円(税込)
https://amzn.to/2H5ouGO

■ペーパー書籍1,620円(税込)
https://amzn.to/2RSu5Cb

さあ、あなたもこれを見たら
アマゾンで本書をダウンロード!
スマホ、タブレットで、
どこでもチェックできます。

2、「読むだけで身につく医学部・小論文 重要ポイント」
間近に迫った小論文対策にぴったり。

■電子書籍版500円(税込)
https://amzn.to/2S9BaSf

■ペーパー書籍1,620円(税込)
https://amzn.to/2tlEZoD

3,〈医学部・受験のレクチャーの案内〉

4月より、医学部・小論文「重要ポイント」のミニ講義をyoutube
で放映中。
https://www.youtube.com/watch?v=AEObLrQAxiQ&feature=youtu.be

 

* * * * *
平川先生の小論文講座58
スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 受験ノウハウ

    「何事にも、ノウハウがある」

    医学部受験生のあなたへ。来年のセンター試験まで、残すところ、あと70日…

  2. 受験ノウハウ

    「よく、気付いてくれた」

    -----------------------------------…

  3. 受験ノウハウ

    「他学部の受験生と同じことをしていて、いいのでしょうか」

    医学部受験生のあなたへ。「7月・8月・9月───この3か月で、来年の合…

  4. 受験ノウハウ

    「経験的統計上の最大値!」

    -----------------------------------…

  5. 受験ノウハウ

    「華美な紅葉よりも、素朴な楓のほうが」

    今日は、少し、趣味のことを書きます。知人で、定年前に「思うところあって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

Amazonにて、電子書籍版・ペーパー書籍版発売中!

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

  1. 受験ノウハウ

    「何が起こるか、わからない!」
  2. 受験ノウハウ

    「自分で自分を強くする、無料トレーニング」
  3. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座81―日本医科大学(医学部) 2009年度―
  4. 受験ノウハウ

    「『本当の合格の道』を知るチェック・ポイント」
  5. 受験ノウハウ

    平川先生の小論文講座72―日本医科大学2016年度―
PAGE TOP