武藤遼先生からのメッセージ

あなたはいま新たな道を歩み始めようとしています。
どうでしょう、生きていることは楽しいと思いますか。それとも、つまらないものだと思いますか。
よくわからない、考えたこともなかった。多くの人はそんなところでしょうか。

生きていることは、心から楽しい。そう思える人は、それでいいのかもしれません。
理想の人生。胸を張って突き進んでください。
でも、生きていることは楽しいと自信を持って言えない人。
そういう人たちにこそ、学んでほしい。挑戦の人生を歩んでほしい。

目標がないと、人生はつまらなくなります。生きる意味がわからなくなります。
自分をできない状況に追い込むこと。これが挑戦の人生です。
できない状態に自分を置くと、自然と「できるようになること」が目標になります。

目標があれば、人は生きる意味を見失うことはありません。
いま多くの人が生きる意味を見失ったまま、何となくの人生を送っています。
お金が欲しいからと、とりあえず会社に就職し、とりあえず上司の言われた通りに働いています。

人の指示を待つばかりで、自ら学びにいくことはしない。
何か面白いことはないか、気を紛らわしてくれるものはないか、常に探している状態。
嫌なことはやりたくない、楽しいことだけやりたい、学びを忘れた人たち。

学ぶとは、人生を豊かにすることです。
世界を知り、可能性を広げ、自らを高める。
誰も知らない自分だけの人生を目指して、遥か遠く走り続ける。

日本、世界、地球、宇宙、はたまたその先へ。
この世界は、私たちが想像するよりもっともっと大きいです。
人生をかけて学べることは、ほんのちっぽけなものでしかありません。

人間、いつかは必ず死ぬ。
でもどうせ死ぬなら、出来るだけ多くのことを知りたい。成し遂げたい。
やれるだけやって人生を終えたい、そう考えるのは不思議なことでしょうか。

誰でも挑戦の人生を送れるわけではありません。
考える力がなくては無理です。
その考える力を得るための土台として、一度死ぬ気で何かをやり遂げることが必要です。

司法試験合格。合格それ自体には何の意味もありません。
でも、合格に向けて死ぬほど頑張ったこと、死ぬほど考えたこと。
その過程が、挑戦の人生を送るための財産となります。

もちろん、簡単なことではありません。
しかし、ここを乗り切れないようではこれからくる数々の試練を乗り越えることはできません。
これからの人生、もっともっと大変なことがやってきます。

試験勉強とは比べものにならない、数々の困難が待ち受けています。
だからこそ、試験勉強を通して人生に立ち向かうための基礎を養う必要があります。
それは体力、気力、知力、忍耐、様々な力を必要とします。

あの頃は良かった。昔に戻りたい。
そう思うことほど、残念なことはありません。
常に常に、前に進む。新たな目標に向かって走り続ける。それが挑戦の人生です。

これは、始まりです。新たな人生の始まりです。
あなただからこそできる、あなただけの人生。
そのスタートラインに、いまあなたは立っています。

先の見えない人生。不安だらけかもしれません。
でも、だからこそ面白い。挑戦しがいがある。
武藤流で学んだあなたは、きっとそう言えるようになっているはずです。

自分の人生を切り開くのは、自分自身です。
その挑戦を、私は応援します。
挑戦の人生を、歩み始めましょう。

武藤遼