書籍情報

令和2年単年版 短答過去問集

誤植 訂正表

ページ 該当箇所 訂正前 訂正後
科目・問題番号 場所
P  51 民法 司法 令2ー21 肢オ 解説 1行目~2行目 「返済期限の翌日から」ではない。弁済期の当日から、弁済を受ける側に運用利益が発生するため、遅延損害金は、当日から支払い済みまで払う。 ※該当部分は削除。遅延損害金は弁済期の翌日から支払い済みまでの金額を賠償すればよい。
P125 憲法 司法 令2ー9 肢ウ 解説 1行目 (1)肢は、正しい。 (1)肢は、誤っている。