蛟句挨謖蟆弱サ蟆台ココ謨ー蛻カ
隰帛コァ荳隕ァ 繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ
繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ

司法試験の7科目「択一・論文」リンクゼミは、スクール東京におまかせください。

資料請求 スクール東京 ライブ通学お申し込み スクール東京 DVD通学お申し込み スクール東京 PDFカタログ
スクール東京
講座名 : 新司法試験・予備試験2011年 7科目「択一・論文」リンクゼミ
新司法試験・予備試験2011年 7科目「択一・論文」リンクゼミ
【日程】
民事系(民法+民事訴訟法+商法)
開催日 時間 回数 内容
2010年11月23(火・祝) 19:00〜21:30 第1回 民法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
11月30日(火) 19:00〜21:30 第2回 民法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
12月7日(火) 19:00〜21:30 第3回 民法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)
12月14日(火) 19:00〜21:30 第4回 民事訴訟法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
12月21日(火) 19:00〜21:30 第5回 民事訴訟法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
2011年1月4日(火) 19:00〜21:30 第6回 民事訴訟法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)
1月11日(火) 19:00〜21:30 第7回 商法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
1月18日(火) 19:00〜21:30 第8回 商法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
1月25日(火) 19:00〜21:30 第9回 商法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)
スクール東京
刑事系(刑法+刑事訴訟法)
開催日 時間 回数 内容
2011年2月1日(火) 19:00〜21:30 第10回 刑法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
2月8日(火) 19:00〜21:30 第11回 刑法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
2月15日(火) 19:00〜21:30 第12回 刑法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)
2月22日(火) 19:00〜21:30 第13回 刑事訴訟法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
3月1日(火) 19:00〜21:30 第14回 刑事訴訟法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
3月8日(火) 19:00〜21:30 第15回 刑事訴訟法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)
スクール東京
公法系(憲法+行政法)
開催日 時間 回数 内容
2011年3月15日(火) 19:00〜21:30 第16回 憲法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
3月22日(火) 19:00〜21:30 第17回 憲法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
3月29日(火) 19:00〜21:30 第18回 憲法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)
4月5日(火) 19:00〜21:30 第19回 行政法(「平成20年の論文」と、「平成20年の論文」に関する、短答式問題。)
4月12日(火) 19:00〜21:30 第20回 行政法(「平成21年の論文」と、「平成21年の論文」に関する、短答式問題。)
4月19日(火) 19:00〜21:30 第21回 行政法(「平成22年の論文」と、「平成22年の論文」に関する、短答式問題。)

【講師】
安達 浩之 先生
安達 浩之 先生

【講師プロフィール】
(1)2004年、成川先生の下でマンツーマンゼミに参加をして、勉強をしてきた。
(2)その結果、司法試験の哲学、精神論を体得し、ロースクール在学中の2005年、
   旧司法試験に最終合格。
(3)7科目全てに、精通しています。
【講師の経歴】
2004年 「成川ゼミ」で、憲法の個人レッスンを受ける。
2005年 旧司法試験最終合格。
2009年 弁護士登録。
【講師からのコメント】
「合格に必要なものは、過去問の体得です。「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」です。過去問を徹底的に分析すれば、必ず新司法試験に合格できます。」
【対象者】
ゼミ形式で、勉強方法を見直したい、新司法試験の受験生・予備試験の受験生。
【目的】
択一・論文を相互にリンクさせて、合格レベルに持って行く。
【内容と特色】
択一・論文を相互にリンクさせて、問題のアプローチを学ぶ。
【受講形式】
「ライブ(ゼミ形式)」
【特典】
一括お申し込みの場合、1回分無料。
【受講料】 ※ 全21回(1回:2.5時間)
・一括(第1回〜第21回):160,000円/21回
・民事系(第1回〜第9回):72,000円/9回
・刑事系(第10回〜第15回):48,000円/6回
・公法系(第16回〜第21回):48,000円/6回
※記載されている内容は、変更することがあります。 ※録画・録音などは、禁止いたします。 2010.10.22(1)
螳夂分隰帛コァ
繧ケ繧ッ譚ア蜈育函縺ョ縲檎洒遲斐阪ヵ繧ゥ繝ュ繝シ繧シ繝
縺ゅ↑縺溘ョ螳溷鴨繧呈クャ繧翫∪縺呻シ√御コ亥y隧ヲ鬨捺萱荳蜷域シ蜉帙險コ譁ュ縲
驕主悉蝠上サ隲匁枚豺サ蜑
謌仙キ晏粋譬シ蝪セ
莠コ逕溽嶌隲螳、
縲悟粋譬シ繝弱シ繝医サ2蜈蠑溘肴イ豕
蛹サ蟄ヲ驛ィ蜷域シ讌オ縺ソ縺ョ讓。謫ャ髱「謗・

豎陲九∵眠螳ソ縲∵ク玖ーキ縲鬮倡伐鬥ャ蝣エ縲∝翠逾・蟇コ
譛画侭閾ェ鄙貞ョ、繧ス繝ャ繧、繝ヲ
縲後せ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ縲榊女隰帷函迚ケ蛻・蜑イ蠑募ョ滓命荳ュシ
蟷エ荳ュ辟。莨9:30ス18:30

縲160-0008譚ア莠ャ驛ス譁ー螳ソ蛹コ蝗幄ーキ荳画逕コ11逡ェ11蜿キ 繧オ繝ウ繝ゥ繧、繧コ繝薙Ν2髫

 

TEL.03-6457-8691縲FAX.03-6457-8690
E-mailシ喨nfo@schooltokyo.jp