蛟句挨謖蟆弱サ蟆台ココ謨ー蛻カ
隰帛コァ荳隕ァ 繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ
繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ

司法試験 論文 過去問 答練 + 解説ゼミ2016は、スクール東京におまかせください。

資料請求  WEBでのお申し込み  DVD通信お申し込み  PDFカタログ
スクール東京
関連講座:予備試験 論文 過去問 答練 + 解説ゼミ2016
スクール東京
講座名
司法試験 論文 過去問 答練(ライブ/通信) + 解説ゼミ(ライブのみ)2016
司法試験 論文 過去問 答練(ライブ/通信) + 解説ゼミ(ライブのみ)2016
ライブ通学と通信
※答練のみのコースも、受講できます。
【日程】
 ● ライブ(通学/ネット電話):2016年1月30日(土)〜2016年4月24日(日)
 ● 答練通信受講生:発送開始日2016年1月21日(木)〜発送終了日2016年4月14日(木)

【特色】
 ● 「7科目・パーフェクト合格ゼミ」の受講生は、合格ゼミで学習した問題分析方法や
  思考方法を、2時間以内にまとめる訓練ができます。
 ● 2時間で書いた論文過去問の答案を、直後に少人数ゼミで検討し、
  どう書くべきだったか指摘を受けることができます。
 ● 講師が責任を持って、添削をします。
  添削については、次回以降のゼミで、質問をすることができます。
【対象者】
 ● 本試験と同じ、2時間で、実践練習したい方。
 ● 司法試験の論文過去問に書き慣れて、「論文過去問は十分やった」と安心したい方。
 ● 論文過去問を、弁護士の講師、他の受講生と検討することで、客観的な視点から、
  自分の答案を検討し、改善したい方。
【受講の流れ】
論文答練
(1)ライブ受講生:教室で答練を受ける。
(2)通信生:答練資料が届き次第、答案を作成して、締切日までに提出する。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ゼミ(答練直後)
(1)講師が、受講生に「何をどのように書いたか」質問をします。
  また、重要知識のフォローをします。
(2)受講生は、講師に対し、答練中に生じた疑問点などを、直接質問できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
添削
(1)ライブ受講生:担当講師が添削し、原則として1週間以内に返却します。
(2)通信生:講師から答案が届き次第、発送します。
ご注意
 ● 通信で「答練」を受講される方で、「解説ゼミ」に参加される方は、
  返却締切日の13時00分まで(必着)に、
  郵送(〒160-0008 新宿区 三栄町 26番地 サンライズビル2階 宛)、
  FAX(03-6457-8690)またはEメールにて、答案をご提出ください。
  Eメールをご希望の方には、お申込み後、提出方法など、詳細をお伝えします。
 ● 再添削の提出期限は、答練ライブ終了後2週間以内(消印有効)となります。

【講師】
 ● 寺田健一 先生:憲法、行政法(1・2回)
 ● 佐上武孝 先生:民法
 ● 安達浩之 先生:商法、民事訴訟法
 ● 2015年司法試験合格者:刑法、刑事訴訟法 。憲法、行政法(3・4回) 。
【内容】
<論文 過去問 答練について>
(1)論文式本試験問題を、2時間で書く
 書くべきことを、制限時間内に紙面に正確に書いてはじめて、点数がもらえます。
 「試験委員コメント集」でも、同じようなことが言われています。
 学習したことを、全て答案に書こうとすると、途中答案になりがちです。
 この論文過去問答練では、制限時間内に、書くべきことをまとめる訓練ができます。
スクール東京
(2)添削
 講師が責任を持って、添削をします。
 問題点について気が付き、理解していても、実際に書けているか(相手に伝わる文章か)は別の問題です。
 このため、講師が内容面はもちろん、形式面やわかりやすい文章を書いているかなどをチェックします。
 添削講師とゼミの講師が同じなので、添削を受けて、さらに質問したいことがあれば、次回のゼミの際に、講師に質問することができます。再添削も、受け付けています。

<論文 過去問 解説ゼミについて>
 論文過去問答練が終わった直後に、解説ゼミを少人数で行います。書き漏れてしまったことはないか、どう書くべきだったか、どこを省略したり、短く書くべきだったかなど、改善点を、指摘してもらえます。また、他の受講生の答案も見ることができるので、自分の答案を客観的に見ることができ、改善点・悪い点のみならず、良い点(出来ているところや自分の武器)も発見することができます。
 講師に質問することができるので、答練を消化不良で終わらせず、効果的に論文の力をあげることができます。
【使用教材】
<答練教材> ※受講料に、含まれています。
 ● 論文式試験過去問題集
スクール東京
<参考教材> ※各自で、ご用意ください。
 ● 司法試験「試験委員コメント集」(スクール東京出版)
   憲法行政法民法商法民事訴訟法刑法刑事訴訟法
   司法試験「試験委員コメント集」7科目セットは、セット特別価格になります。
【会場】
「スクール東京」(東京都 新宿区 三栄町 26番地 サンライズビル2F
【受講形式】
 ● 答練:ライブ(通学)/通信
 ● 解説ゼミ:ライブ(通学/ネット電話)
【受講料(税込)】
※答練のみのコースも、受講できます。
受講料

【変更箇所】

刑法,刑事訴訟法の講師が安達先生から2015年司法試験合格者に変更

憲法・行政法(3・4回)を寺田健一先生から2015年司法試験合格者に変更


※記載されている内容は、変更することがあります。 ※録画・録音などは、禁止いたします。 2016.03.13(4)
螳夂分隰帛コァ
繧ケ繧ッ譚ア蜈育函縺ォ繧医k縲檎洒遲斐榊ッセ遲悶ヵ繧ゥ繝ュ繝シ繝サ繧シ繝
莠亥y隧ヲ鬨鍋洒遲泌シ剰ゥヲ鬨灘粋譬シ閠縺ォ繧医k遏ュ遲泌粋譬シ繧シ繝NEW!
縺ゅ↑縺溘ョ螳溷鴨繧呈クャ繧翫∪縺呻シ√御コ亥y隧ヲ鬨捺萱荳蜷域シ蜉帙險コ譁ュ縲 縺縺、縺ァ繧ょ女隰帛庄シ
驕主悉蝠上サ隲匁枚豺サ蜑雁ョ、 螟ァ螂ス隧包シ
謌仙キ晏粋譬シ蝪セ
莠コ逕滓仙粥蝪セ
縲悟粋譬シ繝弱シ繝医サ2蜈蠑溘肴イ豕
蛹サ蟄ヲ驛ィ蜷域シ讌オ縺ソ縺ョ讓。謫ャ髱「謗・

豎陲九∵眠螳ソ縲∵ク玖ーキ縲鬮倡伐鬥ャ蝣エ縲∝翠逾・蟇コ
譛画侭閾ェ鄙貞ョ、繧ス繝ャ繧、繝ヲ
縲後せ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ縲榊女隰帷函迚ケ蛻・蜑イ蠑募ョ滓命荳ュシ
繧ュ繝」繝繧キ繝・繝ャ繧ケ縺ァ5シ逶ク蠖馴。埼d蜈
蟷エ荳ュ辟。莨9:30ス18:30

縲160-0008譚ア莠ャ驛ス譁ー螳ソ蛹コ蝗幄ーキ荳画逕コ11逡ェ11蜿キ 繧オ繝ウ繝ゥ繧、繧コ繝薙Ν2髫

 

TEL.03-6457-8691縲FAX.03-6457-8690
E-mailシ喨nfo@schooltokyo.jp