蛟句挨謖蟆弱サ蟆台ココ謨ー蛻カ
隰帛コァ荳隕ァ 繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ
繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ

平成26年司法試験合格者の論文個別指導は、スクール東京におまかせください。

資料請求 スクール東京 WEBでのお申し込み スクール東京 DVD通信お申し込み スクール東京 PDFカタログ
レイアウト
▼▼▼当ページの講座名▼▼▼
平成26年司法試験合格者の論文個別指導
<ライブ(通信/ネット電話)>
レイアウト
▼▼▼関連講座▼▼▼
 ● 平成26年司法試験合格者の個別相談<ライブ(通信/ネット電話)>
 ● 平成26年司法試験合格者講義<wma音声通信>
レイアウト
平成26年司法試験合格者の論文個別指導
ライブ(通学/ネット電話)
※ この個別指導は、【期間限定】のため、予告なく終了いたします。
また、お申込み期限は、2014年11月20日(木)18:30までとなります。
2014年12月以降に、この個別指導をご受講いただくことはできません。
必ず、受講日が2014年11月30日までとなるよう、余裕を持ってお申込みをお願いいたします。

【特色】
 全ての法律論文試験で共通する考え方である法的三段論法を、
 使いこなせるようになっていただく。
【日程】
 2014年11月30日(日)まで ※お申し込みは、2014年11月20日(木)18:30まで
 お申し込み後、個別に調整させていただきます。
 お申し込み時に、ご希望の日程をお伺いいたします。
 その後、講師と調整をし、個別指導日を決定します。
【講師】
 平成26年(2014年)司法試験合格者
レイアウト
 <講師の経歴>
 2013年 明治大学法科大学院修了(未修コース)
   同  年 司法試験不合格(短答・2,200番台 / 論文・3,700番台)
 2014年 司法試験最終合格(総合1,300番台)
レイアウト
 2013年、明治大学法科大学院未修者コース修了。
 1度目の受験は、論文3,700番台で不合格。
 その後、合格ゼミを受講し、過去問を中心に勉強し、2度目の受験で司法試験最終合格。
 短答の点数は下げながらも、1年足らずの勉強で論文順位を2,300番以上上げ、
 総合1,300番台で合格。刑事系100番台。
【対象者】
 ● 司法試験・予備試験の合格を目指す、すべての受験生。
【内容と特色】
 ● 使用する過去問について
  (1)司法試験平成26年刑法、
  (2)司法試験平成26年刑訴の2つをメインとして、
  (3)予備試験平成23年民法、
  (4)司法試験平成24年民法、
  (5)司法試験平成25年民法の計5つを取り扱います。
  ※ 個別指導の進行によっては、全て取り扱わないこともございます。
レイアウト
 ● 簡易添削について(任意)
  上記使用する過去問のうち、
  (1)司法試験平成26年刑法または
  (2)司法試験平成26年刑訴の
  いずれか1通のみ答案をご作成いただき、
  指導当日お持ち下さった場合は、当日の指導内で、法的三段論法など、
  答案として最低限押さえるべきところを、講師がチェック致します。
レイアウト
 <この講座について、講師からのコメント>
 司法試験で求められているのは法律答案です。
 そして、私は法律答案とは、法的三段論法によって書かれた答案であると
 定義することができると考えます。
 そして、法的三段論法の重要性は、「試験委員コメント集」でも
 繰り返し強調されているところです。
 すなわち、法的三段論法は合格に必須なスキルであり、
 法的三段論法で書かれている答案は、
 「試験委員が求めている答案」ということができます。
レイアウト
 しかし、講師が他の受験生(特に未修者や不合格者)の答案を見る限り、
 真の法的三段論法を遵守して書かれている答案は少ないです。
 皆さんは法的三段論法で答案を書くことができますか。
 (問題提起をして、)規範を立てて、あてはめをして、結論を出せば、
 それだけで法的三段論法で書かれた答案になると、安易に考えていませんか。
 単に規範を立てて、あてはめをして、結論を書けば
 法的三段論法になるわけではありません。
レイアウト
 本講座では、講師作成のレジュメを使用して、
 法的三段論法を徹底的に習得していただきます。
 法的三段論法は一度身につけてしまえば、
 あとは答案を書く際に自然と体現できるようになります。
レイアウト
 講座ではほかにも、法的三段論法の基本を説明した後、過去問を使用し、
 法的三段論法を使わないケースや如何に現場で規範をひねり出しあてはめをして
 法的三段論法を遵守するか、といった実践的な内容にも踏み込みます。
 是非、本講座で法的三段論法をマスターして今後の答練や論文作成に活かしてください。
【使用教材】
 <必須教材> ※受講料に、含まれます。
 ● 講師オリジナル・レジュメ「【法的三段論法】習得レジュメ」 ※当日、配布いたします。
【会場】
「スクール東京」(東京都 新宿区 三栄町 26番地 サンライズビル2F)
【受講形式】
 ● ライブ(通学/ネット電話)
【受講料(税込)】
 1回2時間:15,400円
※記載されている内容は、変更することがあります。 ※録画・録音などは、禁止いたします。 2014.11.13(3)
螳夂分隰帛コァ
繧ケ繧ッ譚ア蜈育函縺ョ縲檎洒遲斐阪ヵ繧ゥ繝ュ繝シ繧シ繝
縺ゅ↑縺溘ョ螳溷鴨繧呈クャ繧翫∪縺呻シ√御コ亥y隧ヲ鬨捺萱荳蜷域シ蜉帙險コ譁ュ縲
驕主悉蝠上サ隲匁枚豺サ蜑
謌仙キ晏粋譬シ蝪セ
莠コ逕溽嶌隲螳、
縲悟粋譬シ繝弱シ繝医サ2蜈蠑溘肴イ豕
蛹サ蟄ヲ驛ィ蜷域シ讌オ縺ソ縺ョ讓。謫ャ髱「謗・

豎陲九∵眠螳ソ縲∵ク玖ーキ縲鬮倡伐鬥ャ蝣エ縲∝翠逾・蟇コ
譛画侭閾ェ鄙貞ョ、繧ス繝ャ繧、繝ヲ
縲後せ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ縲榊女隰帷函迚ケ蛻・蜑イ蠑募ョ滓命荳ュシ
蟷エ荳ュ辟。莨9:30ス18:30

縲160-0008譚ア莠ャ驛ス譁ー螳ソ蛹コ蝗幄ーキ荳画逕コ11逡ェ11蜿キ 繧オ繝ウ繝ゥ繧、繧コ繝薙Ν2髫

 

TEL.03-6457-8691縲FAX.03-6457-8690
E-mailシ喨nfo@schooltokyo.jp