蛟句挨謖蟆弱サ蟆台ココ謨ー蛻カ
隰帛コァ荳隕ァ 繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ
繧ケ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ

司法試験・予備試験の合格へ!「重要判例解説」ゼミ(平成24年度・平成25年度)は、スクール東京におまかせください。

資料請求 スクール東京 WEBでのお申し込み スクール東京 DVD通信お申し込み スクール東京 PDFカタログ
スクール東京
※ wma音声通信は、ご自身のパソコンで「wmaサンプル」が試聴できるかお確かめの上、上記の「WEBでのお申し込み」よりお申し込みください。サンプル音声の内容と当講座の内容は、関係ございません。
※ wma音声データをCD-Rに収録し、発送いたします。CDプレーヤーでは、再生できません。

講座名
「重要判例解説」ゼミ(平成24年度・平成25年度)
<ライブ(通学/ネット電話)/wma音声通信>
「重要判例解説」ゼミ(平成24年度・平成25年度)
ライブ通学とwma音声通信
【目的】
 ● 憲法・刑事系の最新判例を確実に理解し、論文式試験で、上位答案を書けるようにする。
 ● 最新判例を網羅し、短答式試験の憲法、刑事系で高得点を取る。
【対象者】
 ● 憲法、刑事系の最新判例を、≪答案に書けるレベルで≫押させておきたい方。
 ● 平成26年(2014年)司法試験・予備試験の合格を目指す受験生。
【日程】 ※下記スケジュール表(2014年4月14日更新)
 ● ライブ:2014年4月21日(火)〜5月8日(木)
 ● wma音声通信:2014年5月9日(金)から、順次発送となります。
【講師】
 金 建龍 先生
【講師経歴】
 1999年:司法試験合格
 2000年:司法修習所入所
 2001年:弁護士登録
【講師からのコメント】
司法試験に挑むにあたって、力をつける王道は、判例を基本書の基本原理に位置付ける作業をすることだと思います。そして、試験では、問いに答えることはもちろんですが、各科目の本質的理解を示すことを意識することが大切です。
【内容と特色】
今年、論文、短答で狙われる「判例」を、基本原理から理解する。
近年、刑事系では、直近の判例を題材とした問題が、論文・短答で出題されております。このゼミでは、基本的な原理から、判例を理解することで、他の受験生に書きまけない、答案作成ができようになることを目的とします。
※ 講義については、十分予習の上、参加ください。
【使用教材】 ※各自で、ご用意ください。
<必須教材>
 ● 重要判例解説(平成24年度、平成25年度)

【受講形式】
 ● ライブ(通学/ネット電話)
 ● wma音声通信:2014年5月9日(金)から、順次発送となります。
【会場】
「スクール東京」(東京都 新宿区 三栄町 26番地 サンライズビル2F
【受講料(税込)】

※記載されている内容は、変更することがあります。 ※録画・録音などは、禁止いたします。 2014.04.14(2)
螳夂分隰帛コァ
繧ケ繧ッ譚ア蜈育函縺ョ縲檎洒遲斐阪ヵ繧ゥ繝ュ繝シ繧シ繝
縺ゅ↑縺溘ョ螳溷鴨繧呈クャ繧翫∪縺呻シ√御コ亥y隧ヲ鬨捺萱荳蜷域シ蜉帙險コ譁ュ縲
驕主悉蝠上サ隲匁枚豺サ蜑
謌仙キ晏粋譬シ蝪セ
莠コ逕溽嶌隲螳、
縲悟粋譬シ繝弱シ繝医サ2蜈蠑溘肴イ豕
蛹サ蟄ヲ驛ィ蜷域シ讌オ縺ソ縺ョ讓。謫ャ髱「謗・

豎陲九∵眠螳ソ縲∵ク玖ーキ縲鬮倡伐鬥ャ蝣エ縲∝翠逾・蟇コ
譛画侭閾ェ鄙貞ョ、繧ス繝ャ繧、繝ヲ
縲後せ繧ッ繝シ繝ォ譚ア莠ャ縲榊女隰帷函迚ケ蛻・蜑イ蠑募ョ滓命荳ュシ
蟷エ荳ュ辟。莨9:30ス18:30

縲160-0008譚ア莠ャ驛ス譁ー螳ソ蛹コ蝗幄ーキ荳画逕コ11逡ェ11蜿キ 繧オ繝ウ繝ゥ繧、繧コ繝薙Ν2髫

 

TEL.03-6457-8691縲FAX.03-6457-8690
E-mailシ喨nfo@schooltokyo.jp