はずせない、論文作成の基本!
基本を盤石にすれば、あなたの力量がみるみるアップします!

初めて論文に挑戦する方へ
論文9科目の基本を、習得したい方へ


論文試験に合格するには、論文の骨組みともいえる答案構成(答案を書く前に作成する答案の流れをまとめたもの)を盤石にすることが重要です。そして、「答案の型」は、科目によって異なる部分がありますので、それらを知ることも大切なことです。
もちろん、定義や趣旨・規範等の知識のインプットも必要です。しかし、これらの知識があったとしても、答案の書き方を知らなければその理解が採点者に十分に伝わりません。
本講座では、答案構成の仕方や論文答案の書き方を科目別に、分かり易く解説いたします。これらのことを習得していただければ、格段に実力アップできるに違いありません。


【日程】

日程 科目
2019/10/27(日) 12:00-13:30 1 憲法
13:50-15:20 2 行政法
15:20-15:50 (質疑応答タイム)
2019/11/3(日) 12:00-13:30 3 民法
13:50-15:20 4 商法
15:40-17:10 5 民事訴訟法
17:10-17:40 (質疑応答タイム)
2019/12/1(日) 12:00-13:30 6 刑法
13:50-15:20 7 刑事訴訟法
15:20-15:50 (質疑応答タイム)
2019/12/8(日) 12:00-13:30 8 法律実務基礎科目(民事)
13:50-15:20 9 法律実務基礎科目(刑事)
15:20-15:50 (質疑応答タイム)


※日程、講師は変更になることがあります。


【内容】
答案のパターンを、科目の特性を踏まえて、明確に分かりやすく解説していきます。
勝本先生作成の論文答案例(初めての方でも分かりやすい論文過去問を選びます)を使用して、進めていきます。

・科目別の答案パターンを明確に、分かりやすく解説していきます。
・答案構成の段階で、条文・趣旨・論点をまとめられるようにします。
・答案作成の段階で、下記の流れで、定義・趣旨・規範を、文章化できるようにします。
そして、これらの思考プロセスが、矛盾なくつながるようにします。

→問題提起(論点発見)
→規範定立(自説の主張)
→事例へのあてはめ
→結論
(適宜、休憩が入ります)

※各日程の講義2コマ(民事系のみ3コマ)終了後、30分間質疑応答の時間を設けます。
 本講義の疑問点、自習のしかた、その他ご質問に対して講師が回答いたします。

※本講座の受講生様は、扱い年度に限り、1通3,000円(税込)で答案添削を受け付けます。
 講義の後、是非ご自身の理解度をご確認ください(受付期間:講座最終日より1週間後迄)。
 
答案の提出方法
・答案用紙
 スクール東京指定の答案用紙を、ご使用ください。
 下記より、ダウンロードできます。
 司法試験答案用紙 https://goo.gl/TaAovu
 予備試験答案用紙 https://goo.gl/bRCcQU
・提出先
 スクール東京事務局宛に、下記のいずれかの方法でお送りください。
 E-mail:jimu@schooltokyo.jp (PDF添付) 
 FAX.03-6457-8690


【教材】
※付属されております。
レジュメ・参考答案

※各自で、ご用意ください。
対象の問題


【受講形式】
・ ライブ(通学/インターネットテレビ電話)
・ 音声通信
※音声通信は、ライブ終了日から、1週間以内に音声データをお送りいたします。
※ライブを欠席された場合、講義の音声を1件(1コマ)500円でご提供いたします。
※セットでのお申込みで、途中の回からご参加いただいた場合は、実施済み分の音声とレジュメ・板書をご提供いたします。


【講師】
勝本広太先生

平成24年(2012年)3月 中央大学 法学部卒業
平成25年(2013年)11月 予備試験合格
平成26年(2014年)03月 中央大学法科大学院卒業
平成26年(2014年)09月 司法試験合格
平成28年(2016年)01月 弁護士登録

スクール東京において、大型講座や科目の重要部分に特化したゼミ、さらに個別指導、論文添削に至るまで幅広い分野を担当しております。受講生の方々からは、「複雑に見える問題を、シンプルかつ明快に解説してくれる勝本先生の講義のおかげで、自信が持てるようになり、驚くほど点数アップできた」と大変ご好評をいただいております。


【講師からのコメント】
書籍や講座などでいくら知識をインプットしても、書き方を知らなければ、答案を書けるようにはなりません。
そこで、本講座では、主として論文答案をほとんど書いたことがない方を対象に、問題文をどのように読み、どのように考え、どのように答案を書き始めればよいか、初歩からご説明します。また、答案作成のルール(条文や問題文の引用の仕方、ナンバリングの付し方など)もご説明します。
論文答案にこれから取り組み始めようとしている方やどのように答案を書いていったらよいか悩みがちな方などは、ぜひ本講座を受講してみてください。


【会場】
スクール東京
〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町11番11号 サンライズビル2F
アクセスhttps://goo.gl/nYKsm7


【受講料(税込)】

コース ライブ価格(円) 音声通信価格(円)
1科目(全1回) 8,000 8,500
7科目セット(全7回) 49,000 52,500
9科目セット(前9回) 54,000 58,500

【答案・資料等使用許諾】
本講座にて受講生様が作成された答案・資料等は、弊校で使用(無償)させていただく場合がございます。本講座のお申込みにより、同時にその旨を許諾もいただいたものとご了承下さい。その際は、個人情報は伏せて使用する等、留意いたします。許諾いただけない方は、お申し出ください。


※記載されている内容は、変更することがあります。 ※録画・録音などは、禁止いたします。2019.08.13(1)