【対象者】
(1)予備試験 短答・論文に合格したい人

【目的
(1) 短答問題から論文問題が出来ることを、憲法を題材に証明します。
(2) そのため、過去問を押さえれば合格できます。

【特色・内容】
■今年の短答・論文は同時合格出来ます。
■短答・論文とも過去問を解いていれば、予想問題は必要ありません。
■全4回(4年分)を講義いたします。
■1回は、2時間です。
■「短答は、論文的に解く」。単なる正解だけを学ぶのではなく、理解する講義をいたします。
■「論文は、コメント的に解く」。問題の読み方が分かり、さらに答案構成まで出来るように指導いたします。

(注)「?」部分は、申し込み後に発表します。

【使用教材】 ※各自で、ご用意ください。
<必須教材>
(1)「合格ノート」憲法(人権)リニューアル版
(2) 「合格ノート」憲法(統治)リニューアル版
(3) 予備試験「試験委員コメント集」(憲法の部分のみを使用)

【日程】

  日付 時間
第1回 2019年3月27日(水) 19:00-21:00
第2回 2019年4月3日(水) 19:00-21:00
第3回 2019年4月10日(水) 19:00-21:00
第4回 2019年4月17日(水) 19:00-21:00

講師】 成川豊彦先生

①<短答(憲法)>は、全問題を解き、一言で核心をつくスピード指導です。 司法試験・予備試験ともに、制度が始まった時からの 全問題を分析して、先生独自の解法を編み出しました。

②先生は、「稀代の文章家」と言われ、 このほど、20万部のベストセラーの リメイクとして、 「正しい日本語の書き方」(スクール東京、ディスカヴァー出版) を出版いたしました。 <論文(憲法)>は、その文章術のノウハウを、芦部 信喜先生から指導をいただいた憲法学に応用し、講義します。

③問題文の読み方から合理的な解法を、即座に伝授します。

【講師からのコメント】 「日本で初めての開講です! 短答と論文を、別の問題と考えておられる方がいらっしゃいます。 しかし、本当は、同じ問題を別の角度(短答は、○×として、論文は、文章として)から問われているだけなのです。この1回2時間で、モヤモヤが全部取れるようにし、合格することを事前に体験出来るように指導いたします」

【受講形式】
・ライブ(通学/インターネットテレビ電話)
・音声通信
※音声通信は、ライブ終了日から、1週間以内にお送りいたします。
※ライブを欠席された場合、講義の音声を1件(1コマ)500円でご提供いたします。

【会場】
スクール東京
〒160-0008東京都新宿区四谷三栄町11番11号 サンライズビル2F
アクセス http://bit.ly/2vEKmAC

【受講料(税込)】 1回(120分)

回数 ライブ 価格 音声通信 価格
ハーフ(2回) 15,000円 16,000円
フル   (4回) 24,000円 26,000円

※お申し込みの前には、「スクール東京」受講規約(www.schooltokyo.jp/info/kiyaku

【答案・資料等使用許諾】
本講座にて受講生様が作成された答案・資料等は、弊校で使用(無償)させていただく場合がございます。本講座のお申込みにより、同時にその旨を許諾もいただいたものとご了承ください。その際は、個人情報は伏せて使用する等、留意いたします。許諾いただけない方は、お申し出ください。

※記載されている内容は、変更することがあります。 ※録画・録音などは、禁止いたします。 2019.1.31(1)

お申し込み!