総論

平川先生の小論文講座㉛―慶應義塾大学 2005年度―

[今回の過去問]
慶應義塾大学2005年度50分600字以内
「諸君はこれから、さまざまな人々に出会うであろうが、弱さを持つヒトとはどのようなヒトであるか、あなたの考えを述べよ。そして、そのようなヒトにあなたが出会った場合、どのように関わっていくか、考えを述べよ」

[第31回]
前回、題意として慶應義塾大学・医学部は、弱者保護の視点の重要性を問うているのだ、ということを確認しました。今回は、いよいよ構成を終えて、答案を作成します。

「自らも、弱さを持つヒトとしての自覚を」

平川先生「前回で、自らが弱さを持つヒトとしての自覚を持ち、人々と接することが大事だということを議論しました。さて、具体的には,
どのように弱いヒトと関わればよいのでしょうか」

スク男「まずは、上から目線で馬鹿にしないことです。これから医師になる僕たちは、とかく難関の医学部に合格したエリートと思いがちです。そうではないんだ。自分も弱さを持ったヒトの一人に過ぎないという謙虚な意識を持つことを、忘れないことです。そこから、特に精神的・肉体的な弱者である患者に接するときには、優しく丁寧な関わり方をすることが、大事だということになります」

平川先生「そうだね。患者との接し方が特に、大切だね。つい最近も医学部ではないが、慶應大学のある学部のエリート学生が、未成年の女性をレイプしたとの報道がなされていました。自分はエリートだと、勘違いした未熟さが、招いた事件です。謙虚な姿勢が大切ですね。
さて、これで、1、弱さを持つヒトとは、結局、全てのヒトであること、2、どのように関わるかについては、自らが弱さを持つ存在として、謙虚に接する、との文章の大枠ができました。では、これから答案を完成させましょう」

スク男「分かりました」
(しばらくして、以下が、スク男君の書いた答案です)

1,弱さを持つヒトとは
人を、ヒトとして抽象的・一般的に捉えた場合、個人的側面と社会的側面に分かれ、個人的側面は、さらに精神面と肉体面に分かれる。精神面の弱さとは、意思が弱いことを、肉体面の弱さとは、病気になりやすいことをいう。ヒトは全て、幼年期には、その両面が弱く、青年期に成長し、強くなる。老年期には再び弱くなり、生涯を終える。社会的側面も同様である。したがって、弱さを持つヒトとは、全てのヒトといえる。
2、どのように関わっていくのか
わたしは、全てのヒトが弱さを持つ以上、他者の生命、生き方を尊重するように関わっていきたい。
個人的側面では、精神面は会話・交際などで支援する。
肉体面は、医師としての活動を通して貢献する。病気になる人の多くが、精神面も弱くなる。声かけや、カウセリングなどが重要だ。また、医療ボランティアなどの活動にも積極的に参加したい。なぜなら、医師は、病人に対して大きな責任を負っているからだ。
人間は、本来生まれながら平等である。しかし、生活の過程で、様々な要因により弱いヒトが生まれる。病人は、主に肉体面での弱いヒトである。医師は、弱者である病人がいるために(おかげで)、治者として強者の地位を得る。したがって、医療活動において、弱者である病人を治療する義務があると考えるからだ。
社会的側面では、弱さを持つヒトを傷つけないように、関わりを、丁寧なものにするよう心がけたい。(596字)

平川先生「答案構成に則って、論理が整理されて書かれています。出題意図に応える合格答案です。ただし、表記について、若干、手直しが必要でしょう」

スク男「そうか、まだまだ十分ではないですか」

平川先生「医学部入試まで、3ヶ月弱です。合格を、より確実にするために、
もう少し詰めましょう。スク男君も、どこをどう直したら,よりよくなるか考えてみてください」

スク男「はい、分かりました。頑張ります!」

平川先生「その意気です。次回は、表記のしかたについて検討します。
お楽しみに」

【合格する小論文のヒント】

「練習で、一応答案が書けたとしても、そこで満足しない」
全ての努力は、合格のためです。練習では、完全な合格答案を目指して、本番の出来がちょうどだと、思いましょう。厳しいようですが、ちゃんと詰めてこそ、合格が確実になります。

【「正しい日本語の書き方」が出版されました!】

小論文対策は、これで決まり!

「どのように書けば、よいか」、「説得力のある文章の書き方とは」
読者の皆様の要望に応え、スクール東京では,この度「正しい日本語の書き方
を出版しました。(Discover〈ディスカヴァー〉より、定価1,500円〈消費税別〉)
文章の書き方のノウハウ満載です。書店やネットで、ぜひ、ご購入を。

* * * * *

 

 

 

 

【メルマガ登録キャンペーン実施中!】
メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
http://bit.ly/2IfPdgL

* * * * *

平川先生の小論文講座31監修
スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 総論

    「処世訓を1つ!」

    -----------------------------------…

  2. 総論

    「医学部合格は、理解からだ」

    -----------------------------------…

  3. 総論

    平川先生の小論文講座㉑

    本日は、平川先生の小論文講座第21回目をお届けします![設問]…

  4. 総論

    「私に、負けないでください」

    医学部の受験生と一緒に勉強して、「おかしい」と思うことがあります。それ…

  5. 総論

    平川先生の小論文講座㉚―慶應義塾大学 2005年度―

    本日は、平川先生の小論文講座第30回目をお届けします![今回の…

  6. 総論

    「病院の待合での出会い」

    -----------------------------------…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

  1. 総論

    「もし、来年の医学部受験をスキップしたら・・・」
  2. 総論

    「受講生からの、推薦文!」
  3. 総論

    「こんな人、いますか?」
  4. 総論

    「苦手なものを、やっつける!」
  5. 総論

    「趣味としてはAクラス」
PAGE TOP