総論

「医学部に合格するため、分からない点は全部、質問していますか」

「あなたは、医学部に合格したいですか」と質問されたら、「もちろんです」と受験生は、全員、答えるでしょう。しかし、「合格するために、分からない点は全部、質問していますか」と再度、尋ねると、「もちろんです」とは、ほとんど答えません。ここに、大きな矛盾があると思います。
「自分が分からないところを、高校の先生か受験予備校のプロの先生に質問して、分かるようになる」→「分からないところが、分かると、合格できる」。たったこれだけのことが、理解できていないのです。なぜ、こんな簡単なことを理解し、実行しないのか、考えてみました。
(1)まず、自分が分かっているところ(○)と分かっていないところ(×)の範囲がハッキリしません(△)。「なんとなく分かる」「答えを見れば、“そうかなあ”と思う」のです。そして、次に進みます。この(△)をそのままにしては、受験においては(×)なのです。不合格になります。要は、不明点を認めることです。
(2)(△)を、自分で調べます。そのとき、「なぜか、なぜか」と自問します。
(3)どうしても、分からないところは、文章にして高校の先生や受験予備校のプロの先生に質問します。友達同士・仲間内だけで、処理してはいけません。誤った回答に満足してしまうおそれが、多分にあるからです。
(4)不明点を、そのままにしないことです。分からないところを、放置するのなら、「このままだと、落ちる」と自覚しましょう。
(5)(1)~(4)までを、やらないのは、潜在的には、「自分は、合格したくない」と思っていることと同じです。医学部に合格したくない人が、合格することは、できないでしょう。
医学部受験の合格を決める、あなたへ。(×)や(△)が、(○)になると、頭・気持ちがスカッとしますよ。あなたの部下である脳君が、喜ぶからです。もう1人の部下である精神君も、さわやかになります。そして、あなた自身が「実力がつく」「元気になる」ことでしょう。
私は、常々、言っています。「医学部に合格したければ、質問する」「質問しなければ、合格しない」───と。
人生は、短いものです。いつまでも、人生の準備運動である医学部受験勉強ばかりやっては、いられません。早く、人生(仕事)の本試合に出場するようにしましょう・・・。
今日、私が言ったことが、なんとなく分かったような、分からないようなら、医学部の受験をやめた方がいいですよ。来年、必ず、落ちるだろうから。
* * * * *

メルマガ始めました。
ブログでは、語り尽くせない、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録を、お願いします。
https://hope-ex.jp/fx12617/O5yIHf

* * * * *

スクール東京
最高名誉顧問
成川豊彦
~~~~
略歴
昭和49年(1974年)
Wセミナー・グループを設立。
平成12年(2000年)
国際著名人年鑑「InternationalWHO’SWHOofProfessionals」に選出される。
平成21年(2009年)
司法試験・予備試験専門の少人数制予備校「スクール東京」の最高名誉顧問に就任。
司法試験・予備試験の合格に向けて、自ら直接指導。
現在
中国・西南法政大学客員教授も務め、教育・健康の分野において国内外で活躍中。

▼本日も、ブログ記事を読んでいただき、ありがとうございました。あなたの1クリックは、私が記事を書く、大きな原動力となります。以下のバナーをクリックして、ランキング・アップに、ご協力ください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

クリック、ありがとうございます!

【成川豊彦の関連ホームページ】
● 成川豊彦オフィシャルサイト「合格の森※成川先生の「元気が出る動画」が満載!
○ 司法試験・予備試験専門の個別指導予備校「スクール東京
├ お悩みやご質問は、お気軽に成川先生へのメール」まで。
└ 全国どこでも、講演に駆けつけます! お気軽に成川先生・講演のご依頼」まで。

【司法試験・予備試験の個別指導校「スクール東京」のおトク情報】
フェイスブック
ツイッター

関連記事

  1. 総論

    「合格のための、参考にしてください。」

    -----------------------------------…

  2. 総論

    平川先生の小論文講座⑮

    本日は、平川先生の小論文講座第15回目をお届けします![設問]…

  3. 総論

    「ルールは簡単だが・・・」

    医学部の受験においても、「期即連」というやり方が大切です。…

  4. 総論

    平川先生の小論文講座㉔

    本日は、平川先生の小論文講座第24回目をお届けします![設問]…

  5. 総論

    「それでも、夫はやはりついてくるのですが・・・」

    あるお医者さんの妹さんから聞いた話です。彼女のダンナさんは大学の先生だ…

  6. 総論

    医学部小論文 速攻!文章上達術 ―設問編1―

    医学部の受験生たちの中には、論文の文章作成が苦手な人が多いです。今まで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

  1. 総論

    「直前期に、どういう勉強をすべきか」
  2. 総論

    平川先生の小論文講座㉕  ― 「食の安全」と「国の責任の重さ」 ―
  3. 総論

    「夢と勉強」
  4. 総論

    「心がけ、1つ」
  5. 総論

    「頭を使うためには、準備作業が必要」
PAGE TOP