ここでは、4編に分けて、ご説明します。

 

===================================

第1編

あなたは、“無責任なうわべ”だけを見たり、

聞いたりして、ビビッテいませんか?!

===================================

「司法試験は、やさしい。

でも、

予備試験は、大変な難問だ」

 

これは、

ちまた、つまり、新聞・ウェブサイトや

世間のうわさ話です。

いわば、当事者でない外部の人たちの“間違った情報”なのです。

これから、

法曹(弁護士・裁判官・検察官など)

の資格試験教育に45年間余り、関わってきました

成川豊彦が、本質的なお話をいたします。

 

<イケテル人>

「先生のご高名はうけたまわっていますが、なにせ

初めてなので・・・。じっくり、お話を聞かせていただきます」

 

 

===================================

第2編

実は、2人に1人合格するのです?!

===================================

 

・予備試験の合格率を、少し正確に説明しましょう。以下は、

平成29年司法試験予備試験の法務省データに基づいています。

 

・予備試験の全体の合格率(約3%)は、下記のように算出されます。

 

 

これをもって、

「予備試験の合格率は3%で、難しい」

と、言われてます。

 

しかし、これは、本当のことを言えば”ウソ”なのです??

 

なぜなら、形式的な合格率にすぎないからです。

本当に勉強している受験生の実態を反映していないのです。

実際のところ、実質的な合格率は、「とても、とても、高いのです」。

 

平たく、言えば、

 

「予備試験は、大変、易しい試験なのです」。

 

・この点を、分かりやすく説明しましょう。

分子の「予備試験の最終合格者」は、平成29年において

444人です。これは当局・発表の実際の人数です。

 

問題は、分母の「予備試験・出題者」・13,178人の実態です。

少し、詳しく見て行きましょう。

 

(1)13,178人のうち、実際に受験したのは、

10,743人です。2,435人(=13,178人―10,743人)

もが、はやばやと欠席しています。

 

(2)さて、実際に受験した10,743人の内訳は、大むね、このようになっています。

以下の数値は、私の50年近い経験則と合格者・講師の先生ほか関係者の調査などを加味して、出しました。

 

 

 

①受験生の約・5割強(5,743人)は、ビギナーです。多少、時間をかけていても実質的には、1年弱ぐらいしか勉強をしていません。これでは、その年で受かるのは難しいでしょう。

 

②受験生の約・4割(4,112人)は、ベテランです。3~5年、いやもっと長い期間、経っていても合格できないでいる人。通説・判例をはじめ、受験に関することはよく知っていても、「点を取る」ノウハウはもち合わせていません。

「能書きを言って、ムダなことをする種族」です。

間違った方法を採り、趣味的に受験をしています。

 

③受験生の約・1割(888人)は、合格する実力のある人{(A)と(B)}です。

「正規の受験生」と、呼ばれることがあります。ただ、その中でやる気とノウハウが

少し優れている人(A)が最終合格します。一方、やる気とノウハウが不足している(B)が不合格になります。

 

B群の人は、心すれば、次の年に受かる場合もあります。手を抜けば、永遠に受からない層、つまりベテラン群に落ちこぼれるでしょう。

<イケテル人>

「当局のデータから、そうなっていますね」

 

 

 

 

 

 

・さて、以上の話に関する問題点や改善点を、次の「第3編」「第4編」で説明して行きます。この説明を理解し納得し、実行できれば、来年の合格は十分、達成できるのです。

 

===================================

第3編

「1人でやるのは、”罪”なのです?!」

===================================

 

・第1編では、「予備試験」に合格するのは、約3%で、

「一見、難しい」と言いました。

 

しかし、これは「形式的合格率」の話でした。

第2編では、ほとんどの人が間違った方法を採っている、と伝えました。

もし、「合理的勉強法」をすれば、「実質的合格率」は約50%で、

「易しい」とも説明しました。第1編・第2編の話は、両方とも本当のことです。

 

・ここで問題になるのが、

合格のための「合理的勉強法」とは、何かです。

 

この方法を自分1人で、考え出し、実行する人は、この世・この社会・この受験界には、

いません。どれだけ優秀な人でも、これまでのやり方を参考にしたり、先生・先輩の助けを借りたりしなければ、「合理的勉強法」を習得することは不可能です。

 

つまり、「1人では、合格できないのです」。

<イケテル人>

「別の言葉で言えば、素直になればいい、ということですね」。

 

 

・次に、合格に必要な「合理的勉強法」を教えてもらえる、

学校・予備校・塾があるかどうかです。

 

ズバリ、理想的な「合理的勉強法」を提供しているところは、残念ながらこの

日本社会には、ありません。

 

私が顧問をしている「スクール東京」も、受験生・受講生にムダのない効率的

学習法をお教えしようとしていますが、いまだ、”道半ば”です。

 

・予備校・塾といっても、ピンキリです。

あなたは自分の目で、選んでください。

 

===================================

ここで、学校選び、講師選択の奥の手を、

この道、50年の経験から私が、お教えします。

===================================

 

(1)全ての受験生は、「よい先生を求めて」いろんな学校を渡り歩いています。つまり、”ダブリ受講”をしています。だから、合格者数・合格率などは、学校ごとで正確に把握することは、できません。いわば受験機関の”共通の実績”というのが、本当のところでしょう。

 

(2)秀れた受験生は、”学校選び”より”講師選び”を重視します。

よい先生・自分に合った指導法を見つけることが、大切だ、と分かっているので。

 

この種の人は、早く合格して行きます。

 

少し違いがあるとすれば、

受講期間に長短がある程度です。

 

(3)また、シャープな受験生は、

科目ごとで、スクール選びをします。

 

一つの学校だけに、よい先生がいるという訳ではありませんから、

当然といえば当然です。

 

(4)合格ポイントをついて受験資料を公表しているかどうかを、判断してください。

 

例えば、過去問の解説が出題の本質に肉迫しているかどうか、を調べてほしいです。

 

受験資料の中に、過去問に照らして作成しているものがあれば、うれしい限りです。

 

(例)「スクール東京」の「スク短」や「合格ノート」等を、調査してみてくださいね。

ただ、判例の丸写しや基本書の切り貼りなどでは、良い資料とはいえません。

 

(5)講師の先生が、質問に対して、真面目に対応しているかどうか。

 

はぐらかしたり、ゴマかしたりされていないかを、チェックしてほしいです。

 

(6)先生の目をみて、真剣に受験生に接しているかどうか。

 

上から目線でなく、

受験生の目線で教えているかどうかも、感じ取ってほしいです。

 

(7)スクールの責任者が、実際に教えておられるかどうか。中心の人が、講義していない場合、ともすれば、ラフな個別指導やマスプロ教師になりがちです。

 

・そこで、現在、予備試験の合格を目指して

いる方は、比較的、本質をついた指導法を実施しているスクールや先生を探さなければなりません。

 

・下記に「合理的勉強法」を満たす要件を、列挙しておきます。これらを参考にして、ご自分でよいスクール・先生を見つけてください。

 

===================================

「合理的勉強法」を満たす、8カ条

===================================

(1)法学の本質に、アプローチしている。

(2)理解中心で、暗記はその補助として活用する。”理解90%→暗記10%”です。

<イケテル人>「理解中心で教えます」とPRしても実際は、暗記中心であることを見抜きたいです。

(3)過去問中心に教育しているところ。

(注)過去問の本質を、分かりやすく説明してくれるスクール。

「過去問を◯◯回、回した」ということは、ナンセンスです。

(4)質問を積極的に受け入れてくれる。講師・組織ともが嫌がらない。

(5)過去問をアレンジした答練を、提供している。

(6)渡される資料が、必要最小限度である。大量なものは、”子どもだまし”です。

(7)先生の目が、涼しい。

(8)スクールの関係者が、「CS(受講生満足)と期(期限)・即(即行)・連(連絡)」の下で、サービスしている。

 

===================================

第4編

あなたに、
“受験界のカリスマ”が並走します?!

===================================

・第3編では、「合格は、1人ではできない」

と述べました。

そして、

 

「もし、あなたが諦めなければ(①)

私が(②)”合格ゴール”まで並走します(③)!!」。

(成川)

 

これを、条文解釈風に説明しますね。

 

まず、前半の「もし、あなたが諦めなければ」(①)です。

もし、あなたが受験を辞めてしまえば、後は、真っ白です。

そのうち、別の社会(世界)に行く訳ですから、

試験とは、”赤の他人の関係”になります。

 

諦めた先には、

「滝」があり、「谷底」に落ちてしまいます。

 

または、ずっと進んでも、

「アンドロメダ銀河」の方向に行ってしまい、地球には帰ってこられません。

 

・ただ、「諦めするのなら」、初めから受験しないことですね。

 

ちょっとぐらい、試験が難しいと言って、すぐ方向転換すべきでない、と思います。

 

だいいち、大切なE(エネルギー)・T(時間)・C(コスト)を、

無駄にしますから。

 

(ホント)

「合格の反対は、不合格ではないのです。合格の反対は、”諦め”なのです」

 

難しい予備試験・司法試験と言っても、

あなたが、ギブ・アップしなければ、いつか、スクール東京の「新・成川ゼミ」のような

合理的な方法を見つけ出し、必ず、合格できるものなのです。

 

<イケテル人>

「合格のノウハウを強く意識します。

その後、勉強すればいいのですね」

 

 

・次に、タイトル後半の「私が、ゴールまで並走します!!」を説明します。

 

1)「私が」(②)。

現在、77才の成川豊彦が、

「新・成川ゼミ」に入られたあなたを、諦めさせず、合格までサポートします。

 

そのために、”365日休みなし”で、あなたを見守り続けることを、約束します。

 

私は、司法試験(予備試験)の研修を業とすることを決めた時。

「この世では、休みを取ることはやめよう」と自分と自然・社会に静かに宣言しました。

 

男・成川、32才、晩秋の夕暮れでした。

 

「コツコツ勉強しているあなたを置き去りにして、

自分が休むことは、できない性分なのです」。

 

ましてや、「新・成川ゼミ」の受験生になって、

一生懸命、勉強しようとするあなたを、ほったらかしになんか、できるものですか。

 

<イケテル人>

「成川先生に負けないで一生懸命、勉強します。

そして、確実かつ早く受かります」

 

 

2)「ゴールまで」(③)。

予備試験、そして司法試験の合格まで、という意味です。

 

「短答試験まで」とか「論文試験まで」とか、ではありません。

(注)もっとも予備試験に受かると、ほとんど司法試験にも合格します。

このことは、当局のデータから分かりますね。

 

3)「並走します!!」(③)。

あなたと私が一緒に走る(学ぶ)のです。

これは、言葉だけはありません。

ある時は、面前で、また、ある時は、ネット電話やスマホ・ipadなどで。

必要な場合、地方にも出張します。どんな場所でも駆け付けます!

 

その途中で、あなたがトラブルに巻き込まれないように。

体を壊させないように、と気をつけながら、私も走ります。

 

特に、次のことに気をつけています。

「勉強のモチベーションを、キープしてもらう 」

「周囲の甘い言葉や、変な PR に、だまされないでもらいたい」

 

===================================

・「並走します」の具体的な例は、

次の通りです。9段階に分けて、説明します。

===================================

 

<第1段階・合格後の目的>

あなたが合格後、どんな目的をもって、この人生・社会を渡って行かれるのか。

 

その時に際してのアドバイスを、時々、さしてもらいます、

 

そうしないと、単に合格しただけで、「薄っぺらな人間」で終わってしまいますから。

 

それに、 人生にはいろいろな「落とし穴」があることを事前にお知らせしたいものです。

 

ここで、合格後の目的の基本的な考え方の1つを示しておきます。

 

 

「豊源者(ぶげんしゃ)になる」。

精神的にも経済的にも、豊かになる。

そして、社会に貢献することで、みんなを豊かにする。

そんな人物になってほしいです。

 

勉強の合い間に、あなたと私とで話し合いをしましょう。

 

そうすると、精神的に余裕ができます。新しいヒラメキが浮かぶことでしょう。

 

これが、きっと、論文を書く上でも参考になると思います。

 

論文の憲法・民法・刑法等の問題を論述する時、格好の理由付けに活用できるはずです。

 

さらに、「一般教養」に役立つと確信しています。

 

 

<第2段階・受験の目的>

 

これは人生の目的を達成するための、

手段のようなものです。

 

具体的には、予備試験(司法試験)の合格を果たすことです。

 

そこで、あなたの合格のために、「スクール東京」と私がいろんな協力をして、さし上げたいです。

 

 

<第3段階・期限>

 

・あなたが合格するまでの計画の立て方、実行のやり方や調整の方法などを、

私と2人で検討しましょう。

 

そのほか、時間管理のアドバイスもします。

 

・何か行き詰まったことや悩みがある場合、「いつでも、どこでも、あなたは、私に連絡しても結構です」。

 

「あなたが差し迫った時は真夜中だっていいのですよ」「気にしないでどうぞ」

 

私もいろんな心労を経験しながら、77年間生きてきました。

その中から、現状を改善できるノウハウを取り出してあなたにお話しします。

 

「私と会話すること、素早くあなたが抱えてる悩みやトラブル・問題を解消できると思います」

 

今まで、合格して行った先輩もそうでした。

「悩みのない人間は、ないのです」

 

私と「スクール東京」のダブル協力で、あなたの合格が1年も2年も早くなるでしょう。

 

 

<第4段階・精神>

・合格するためには、日ごろの勉強に備えて、モチベーションを保つことが大切です。

(注)この方法は、1万個ぐらい研究しました。

あなたに合った方法だけをチョイスして、「やる気」を2倍にも、3倍にもなるようにしてさしあげます。

 

そして、その「やる気」を持続できれば、

後は、「合理的な勉強方法」さえ発見できれば、こっちのものです。

 

毎日、コツコツやれば、合理的な期間に、目標は達成できます。

 

<イケテル人>

「先生が言われる”勝ってから斬る”を実行中です」

 

・それに、”特効薬”があります。

・私と話をすると、10分以内に元気になるのです。

「これは、本当です」。

 

<第5段階・健康>

・「先生は、なぜ、そんなに元気なのですか」

 

こんな質問を、

よく受けます。

 

80才近い私は、365日休みなしです。

“歩く”のも、だれよりも速いです。

 

こんなパワーの秘けつを、あなたに”ソッ”とお聞かせします。

 

実際、これは、合格するより価値があります。

 

なぜなら、合格しても、

普通の資格者は60才前後で、グロッキーです。

 

ところが、私の健康法を実行しますと、

あなたは、99才までバリバリ、仕事ができます。

 

その差、39年間(=99才ー60才)は、

もうけものと思いませんか。

 

私は、すでに77才。

だから現在でも、普通の生活者より17年(=77才ー60才)も

“得”をしている勘定になります。

 

成川式健康方法を身につければ、もし、あなたの予備試験・司法試験の合格が

多少、遅れても、それ以上に元気で長生きをすればいいわけです。

 

だから、私の健康法をゆっくりコーチングしますからね・・・。

 

 

<第6段階・環境>

・勉強する場所やその周囲に、気を配りたいです。

 

学習効率のよい所を、予め決めておきましょう。

私が勧めるのは、

「自宅を”本籍地”にする」こと。

 

原則として、自宅で勉強すると、

時間・状況などが有利に運びます。

 

自宅に勉強する場所がない場合は、外でベターな所を、

私と一緒に探しましょう。

 

・次には、部屋のそうじ。

これは、私の苦手な点です。

現在、研究中なので、いいかげんなことは、書けません

(ゴメン!!)。

 

 

<第7段階・合格ノウハウ>

・これは、私の専門領域です。

この研究に、約50年間を費やしています。

今も、改良中です。

 

・現在までに言えることは、

合格するためのエネルギーのかけ方は、

「合格ノウハウ9割・勉強1割」

が、ベストです。

 

あなたが目指している予備試験(司法試験)に、合格するためには

大きな戦略・小さな戦術を合わせて、

ほとんど(9割)のパワーを注ぐのです。

残りのパワーの1割を、具体的な勉強(理解→暗記)に向けるのです。

 

 

そうすると、合理的な期間に受かることができます。

<イケテル人>

「今まで勉強すれば受かると思っていました。

格ノウハウが優先するって、本当ですね。

勝負に勝つ人は、すべて、そうしていますね」

 

 

・最近、”ハッ”と考えたことがあります。

奈良県にお住まいの佐藤亮子さんというお母さんが、

「(医学部)受験は、母親が9割」という本を(朝日新聞出版)から出されました。

 

男のお子さん3人とお嬢さん1人 計4人を「東大理科3類(医学部)」に合格させた実践的奮闘記です。

 

本質的な内容は、私の「合格ノウハウ9割・勉強1割」とほぼ同じです。

 

私が、50年かけて、習得した戦略・戦術に大変、似た方法を採っておられます。

 

「こんな方も、日本にいるのだ」と思ったものです。

 

・合格ノウハウの総論的なポイントを簡単に述べますと

「期(期限を切る)・即(即行する)・連(連絡する)」に尽きます。

 

詳しいことは、

「新・成川ゼミ」で、1つ1つ、ゆっくりお教えします。

 

この「期・即・連」を約50%実行しただけで、予備試験(司法試験)は軽く

突破できます。

 

・ここで、ビック・ニュースです。

「期・即・連」の隠れたメリットは、

あなたが合格した後、

実務で仕事をした時、

大変なパワーを会得するというということです。

「期・即・連」は、人間社会に共通して使えるルールなのです。

 

それが証拠に、合格した

弁護士・裁判官・検察官ほか社会の指導的職業の方から、

「期・即・連は、効果的です」と感激されることが多いのです。

 

特に、A弁護士さんから、

こんなお便りをいただきました。

 

「最近、独立しました。先生の”期・即・連”通り仕事をやっている

おかげで、経営は順調そのものです。

 

同期の人の2倍以上の成績を、上げています」

 

<第8段階・具体的な勉強内容>

・時間のないあなたでも、確実に受かる方法があるなら、ぜひ、

採りたものです。

 

「それは、あるのです」。

 

「桶狭間作戦です」。

戦国時代、兵力少ない織田軍が10倍近い兵力をもつ今川軍を打ち取った、

有名な戦国史の話です。

 

現在の予備試験。

受験生に必要なのは、

時間不足をカバーし、体力不足を補完する勉強システムです。

 

例えば、短答対策。

各科目とも予備・司法を合せた

 

平成27年分(または平成29年分)の1年分だけ(約24問~38問だけ)を、

徹底的に深耕するのです。

 

私が編み出した

「短答を論文的に解く」です。

 

論文対策も各科目とも、

主要な3年分(3問分)だけを、

徹底的に分解し、解法を確立するのです。

 

・憲法以外の科目については、

勝本広太先生の「勝本教室」。

論文の苦手な人の救世主の講座です。

 

在学中に予備試験合格。

卒業後に、司法試験合格。

それで、上位です。

 

「分かりやすく、最後まで教えていただける。もちろん、理解中心です」。

 

http://www.schooltokyo.jp/shihou/kouza/0370/

 

・武藤遼先生の「武藤流」。

 

在学中に予備試験・司法試験に上位合格です。

シンプルで少ない量しか、やりません。

 

「短期合格しか、目標にしていません。

陸上200mも21秒6で疾走するのです」。

 

http://www.schooltokyo.jp/shihou/kouza/0373/

 

 

<第9段階・合格の神様>

 

以上の対策を終えましたら、

後は、「合格の神様」に

好かれるようにすればいいわけです。

 

“神様”と言っても、宗教の話しではありません。

 

純然たる”合格の守り神”です。

 

大切なことは、「合格の神様」に好かれると、

必ず受かるということです。

 

信じないかも、分かりませんが、

45年前に本当にあった私の公認会計士受験のお話をしたいです。

 

何回も滑った後、困りはてました。そこで最後の手には、

「合格の神様」が喜ぶ方法を考えて、コツコツ実行しました。

 

そうすると、どうでしょう。

国家試験の本番会場の教室で驚いたことが起こったのです。

 

受験科目の全てにおいて、

各科目とも、ストックで勉強したことばかりが、出題されたのです。

 

「アッ、出た」

「また、出た」

うれしくなったり、驚いたりです。

 

そこで、「きっと”合格の神様”がいるんだ!!」

と、感激するばかりでした。

 

<イケテル人>

「合格の神様は、いるのかも、しれませんね。考えてみます」

 

 

===================================

新・成川ゼミ 受講プロセス

===================================

(1回の受講時間は原則として、2時間です)

 

 

①<知能アップ講座 10回>※「文術検」5回付き

・脳の働きを、活発にする内容です。知能を自分の限界まで、面白い方式で高めます。

ものごとの本質を理解する力を、つけてもらいます。暗記は極力、避けます。

「暗記90%→暗記10%」

これが、できるようにトレーニングをします。

「知能がアップして、基本(定義等)・社会通念(いわば常識)を加味できれば、

予備試験・司法試験には、100%合格します」

・トレーニング内容は、成川先生が直接50年間、研究してきたノウハウを、

あなたに合わせて、個別的に、お教えし、習得していただきます。

 

・「アッ、こんなことをやっていたから、合格しなかったのだ!」

「自分の弱点が分かって、“合格への道”が見えてきた」

と、真面目なあなたなら、気づかれるでしょう。

周囲でタレ流されている“ジャンク講義・答練”のいいかげんさや

“フェイク情報・資料”のウソを、

ご自身で見抜くことができるようになります。

このセミナーは、「本音の内容です」「真剣に話し合いたいです」

「だれにも、モレません(秘密厳守)」。

 

・成川先生とじっくり話をして、これからの“合格への道”を決めてください。

納得されたら、「新・成川ゼミ」にお入りください。

 

・セミナーの受講時間は、各・約2時間です。

あなたが、「なまはんかな気持ちで受験しては、

100人に1人の合格者には、一生、なれない」と心底、気づかれたら、

3日以内に、受講手続きをお取りください。

 

・「知能>知識」を理解すれば、後は、着々と時間を消化すれば、

絶対合格するのです。それが証拠に、18歳の高校生や大学生が、

バンバン合格しています。彼、彼女たちは、「知識」を増やすのでなく、

「知能」を進化させているのです。

 

・受からない人は、このことが分からず、不合格になると、たびたび、

「自分は、知識が不足している」と誤信。

試験に出ない資料をあさったり、ジャンク答練・講義を増やし、暗記のシャワーを浴び続けます。

これでは、「100人のうち1人」には、入れません。

・受講時間は、2時間。15回です。

必要な人には、もう少し回数を増やすことにします。

 

「文術検」(日本文章術検定講座)とは、

「日本では誰にもまねできない“瞬間添削術”で、正しい日本文を成川先生が面白く教えます」。

http://bit.ly/2GJP7eU

 

1.基礎編
「シンプルな文章が書けるプロセス」を、分かりやすく指導します。
ご自分が書かれた表現物(どんなものでもかまいません)を持参してください。
すぐ添削し、見る見る「シャープな文体」に仕上げます。
(注)持参した文がなくても、かまいません。
日ごろ、疑問に思っていることを質問してください。即答します。

2.応用編
より実践的な表現を提示し、自分で書けるようにします。
読んでくれる人を念頭において、表現できる技術を示します。
「頭の整理が大切である」という点を、具体的に理解できるようにします。

3.実践編
面白く読んでもらえる表現や他者(読者・試験委員)が納得する技を、伝授します。
抜群の論文が書ける素地を、作ってもらいます。
より高度な作品(論文)が書ける奥儀を、3,4つ教えます。

  • 合格答案を作成するための、日本語の文章の書き方を教示します。
  • 主に“文章の基本”と、その裏側にある“論理”を会得してもらいます。
  • この文章術は、どの試験科目にも通用する方法です。
  • 結局、よい文章が書けるということは、知能アップができていることになります。
    したがって、予備試験・司法試験にも受かるのです。

 

②入門講座

・(あなたと成川先生とで、相談します)

 

③(短答・憲法講座)

・「知能アップ講座」で、脳が活性化してきますと、論理性が増し、

社会通念を縦横に活用できます。

その結果、短答の出題文がハッキリ理解できます。

そこに、多少の専門知識を加味すれば、80点以上は軽く得点できます。

30歳以上の人は、勉強に時間がないので、的を絞って、勉強できるようになるのです。

過去問を1年分(各科目・20問強)を完全に理解します。

「暗記で正解した」などでは、ありません。1肢1肢、出題科目の本質を徹底的に理解します。

さらに、「短答は、論文的に解く」ことができます。

 

・このため、「短答は、短い論文である」と見直すことができ、短答、論文を統合した、

法学としての学習が可能になります。

知恵のある受講者は、「短答と論文を区別するのは、ナンセンスだ」という境地まで

達することができます。

・1回が2時間。10回で一通り、理解できます。

 

④(論文・憲法講座)

・「知能アップ講座」で、シャープな処理を身に付ければ、

・長文の憲法・論文の問題文は、難なく読解できます。

・講座では、予備試験の過去問3年分を次のプロセスで学びます。

ⅰ「問題の素早い読み方」→

ⅱ「論文のシャープな抽出法」

ⅲコンパクトな「答案構成の仕方」→

ⅳ試験委員が納得する「答案作成のスピード化」→

ⅴ「重要点をストック化」

・「四の五の言わない」「サッと書く」。こんなプロフェッショナルな論文合格術が、身に付きます。

代表的な過去問3問を選んで、あなたが「上位答案」を作るのです。

・1回は、2時間。10回。

 

⑤論文・一般教養講座

・予備試験の論文・一般教養は、内容が多岐にわたっています。

政治・経済・社会・文化・歴史等、いろいろです。

さらに少し、内容が深いこともあります。

このため、1つ1つについて受験対策をすることは、時間的に不可能です。

しかし、「知能アップ講座」の内容を習得すると、

問題文が簡単に解読できます。そこで、50点満点のうち

40点は、すんなり得点できます。

ここでも、「知能>知識」なのです。

 

・もし、あなたが「知能<知識」とみなして、

一般教養科目の勉強をしても、この世では、合格点を取ること

はできないでしょう。

そこで、「新・成川ゼミ」では、過去の代表的な問題を3年分、

選び出し、勉強します。もちろん上位合格答案を作ってもらいます。

この講座を受けると、

・「どんな内容の問題が出ても、80%以上、得点できるノウハウが身につきます」。

・1回2時間。

 

⑥口述講座

・(あなたと成川先生とで、相談します)

 

⑦他科目の短答・論文講座

・(あなたと成川先生とで、相談します)

・勝本広太先生、武藤遼先生ほか、若くシャープな先生の指導があります。

 

 


<新・成川ゼミのプレ段階で受かった人>

このゼミは、これからスタートするわけです。

ただ、その本質は50年近くいろんな人にお伝えして、多くの成果をあげてきました。

最近では、新・成川ゼミの考え方、短答・論文の本質、解法等を習得して、

すでに合格している人が多い。

 

例えば、スクール東京で、教鞭をとっておられる武藤遼先生は、成川セオリーを

参考にして、独自の「武藤流」を開発しました。

すでに、「武藤流 超速!予備試験合格講座」等で、

シャープに教えておられます。

 

http://bit.ly/2wiaRid

 

さらに、優良企業の役員もしておられるAさんは、

毎日、勉強時間が、2,3時間しかなくても、

昨年、予備試験短答を全国1位で通過、論文を上位合格しました。

その他、沢山の人達が成川セオリーを活用して、現在受験中。

 

<受講形式>

・原則として、個別指導で行います。

 

<受講の仕方>

(1)基幹科目(「知能アップ「文術検」含む」「短答・憲法」「論文・憲法」「論文・一般教養」)

については、成川先生と一緒に勉強していただきます。

(注)基幹科目について、一致点が見つけられない場合は、

「新・成川ゼミ」を続行することは不可能です。

そんなことがないために、「知能アップ」を早めにかつ確実に、習得していってください。

 

(2)基幹科目以外の他科目の受講については、受講生のあなたと、成川先生が話し合って、

より合理的な方法を選択します。

(注)その際、意見が分かれた場合、再度、話し合いをし、一致点を見つけます。

その時点では、すでに「知能」がアップしているあなたと先生が調整するのですから、

必ず共通項を発見できるはずです。

 

<対象者>

(1)この世で、どうしても予備試験・司法試験に合格したい受験生。

(2)受験を目指したからには、最終合格を確定したい方。

(3)時間的余裕がない社会人。

(4)“国家試験のカリスマ”成川豊彦先生の超合理的な合格ノウハウを、

ものにしたいプロフェッショナルをめざす受験生。

(5)『自分は、結局、法曹に向いていなかった。才能がなかった』と、

しぶしぶ自分を納得させる日々を過ごす受験生-等。

 

<受講資格>

(1)志のある人。

(2)「新・成川ゼミ」のやり方を、踏襲する受講生ー等。

 

<講師>

・成川豊彦先生。

・新進気鋭の若手講師。

・プロフェッショナルな主任研究員ほか。

<講師からのコメント>

「1%の合格率でも、“知能(脳)をアップ”させ、合理的方法を続ければ、必ず受かります。98%の予備試験・受験生は、このことが分からず、ムダな作業にE(エネルギー)、T(時間)、C(費用)を浪費します。そんなことにならないため、まず、「自分がシッカリする」。次に、「周囲の甘言に、だまされない」。そうすれば、本物の「合格の道」が分かり、まもなく、1%に入ることができます。

私は、こんな現実を50年間余り見てきました。

 

逆に、性格が柔らかすぎるため、まわりにいいようにされて、大切な人生を

ムダにされている方が、大変に多いのです。その方々には、哀れを感じるとともに、

「なんとか、気づいてもらえる代替案がないか」といつも考えています。

現在の所、本人が“知能(脳)をアップ”させることが、一番、大切だと思います。これは、

いい意味で「自分の性格を、変えること」にもなります。

今までのだるい心理を、“シャキッ”としたプロフェッショナルな気力に

改善してしまいましょう。思い切って・・・。

真面目に努力しておられる、あなた!

予備試験の合格後、すみやかに司法試験に受かってください。そして、大きく社会貢献を。

小リッチにもなってほしいです。つまり、新・成川ゼミは、「知能・知恵ある人間を育成する一大プロジェクト」でもあるのです」

(注)受験を諦めて、他の仕事についた場合、もんもんとして地獄のような生活を続けなければなりません・・・。

 

<使用教材>(別納です)

(1)知能がみるみるアップするレジュメを、配布します。

(2)平成27年(2015年)単年版司法試験・予備試験短答過去問集

(3)合格ノート

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)憲法【人権】(スクール東京出版)

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)憲法【統治】(スクール東京出版)

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)民法【総則物権】(スクール東京出版)

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)民法【債権】(スクール東京出版)

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)民法【親族相続】(スクール東京出版)

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)刑法【総論】(スクール東京出版)

・司法試験・予備試験「合格ノート」(短答・論文対応版)刑法【各論】(スクール東京出版)

(4)試験委員コメント集

(5)その他

 

<会場>

スクール東京 
〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町11番11号 サンライズビル2階
アクセス  http://bit.ly/2vEKmAC

 

<受講料>

 

<答案使用許諾>
本講座にて作成された答案・その他資料は、後進の方の学習のために使用させていただく場合がございます。本講座のお申込みにより、同時に答案使用の許諾もいただいたものとご了承ください。 もちろん、個人情報は伏せて使用する等、厳重に管理いたしますのでご安心ください。 なお、答案の使用につきましては、大変申し訳ございませんが無償とさせていただきます。 許諾いただけない方は、お申し出ください。

 


 

  • Copyright (C) 2018 schooltokyo All Rights Reserved.