新学期も、あっという間に過ぎ、まもなく夏休みを迎えます。期末テスト明けには、多くの高校で二者面談、三者面談があります。来年の大学入試に向けて、大手予備校の模試も始まりました。

「こんな点数では、どこの医学部も受からない。どうしよう」

「数学、物理だけで手一杯。この上に、英語もある。小論文なんか、やってる暇ない」

こんな子どもたちのストレスは、高まるばかりです。

 

親としても、一言アドバイスしてあげたいのですが、思春期まっただ中の子どもには、プレッシャーを感じさせ、かえって逆効果です。親子ゲンカして、むしろ、勉強しなくなります。八方ふさがりの状況になりかねません。

 

だからといって、相談しようにも、周りには、信頼出来る受験のプロはいない。

どうしたら、子どもにとって、最善の結果を迎えることが出来るか。

母親として、頭を悩ます日々をお送りのことでしょう。

 

 

=============================

即、悩み解決!

=============================

 

そこで、このたび、「スクール東京」では、当校の最高名誉顧問・成川豊彦先生による、

「お母さんのための医学部•受験相談室」を開設することになりました。

 

成川先生は、最難関といわれる司法試験•予備試験を始め、医学部入試、大学受験や公務員試験等の受験指導を50年余り行い、数多くの合格者を、世に送り出してきた、受験のプロフェッショナルです。遠慮なく、お話ください。相談の内容は、秘密保持します。ご安心ください。

 

これまでにお受けしたお話でも、

「先生は、口の堅い方です。人様には言えないようなことも、安心して、親と子の悩みを聞いていただけました。おかげで、本人も前向きになり、志望する医学部に合格できました」

「長い受験指導歴をお持ちで、いろんなお子さんを見てきて、経験豊富です。うちの子も先生の的確なアドバイスで、超難関といわれる司法試験に、一度で合格できました」

との、うれしいお言葉を、数多く頂いています。

 

医学部合格のための勉強の仕方、モチベーションの持っていき方。どんなことでも結構です。ご相談いただければ、即、解決策をお答えします。

 

合理的な方法に基づく勉強と、ご家族の精神的なサポートがあれば、お子さんの医学部合格は、確実です。

お気軽に、声をおかけください。お母様方からのご連絡、お待ちしております。

 

〈相談料2時間1万円〉

〈メール、電話、ネット電話。あるいは、直に当校にお越しいただいても構いません〉

〈連絡先 03-6457-8691〉

 

 


<講師>

■成川豊彦(なりかわ とよひこ)先生

wikipedia:https://goo.gl/P4YtN8

先生は、大学卒業後、全国紙の記者になる。以来、日本語の表現方法に、殊の外強い関心を持ち、後進の指導をしてきました。とりわけ、法学のプロとして、最も論理性が要求され、最難関といわれる司法試験(予備試験)の指導を50年。その中で、数多くの合格者を生み出してきました。「成川ゼミ」の卒業生は現在、政界・官界・法曹界・マスコミ界・ビジネス界・教育界等の分野でリーダーになり、活躍しておられます。現在は、「新・成川ゼミ」を実施。

早稲田経営学院・早稲田セミナー、Wセミナーを創立し、30有余年経ちました。昭和49年に、公認会計士試験に合格。「国家試験のゴッドファザー」と言われて久しいです。国会図書館や有名大学で、日本語の文章トレーニングを行いました。日本文章術検定講座では、個別指導も行っております。現在、スクール東京の最高名誉顧問を務めており、司法試験および予備試験の受験生に、毎日論文添削を行っています。著書の、「【決定版】成川式 文章の書き方」(PHPビジネス新書)は、20万部、「ちょっとした社内作法」(講談社)は、25万部のベストセラーにもなっています。これまでに、200冊を越える著書があります。


メルマガ始めました。
ちょっとした小論文作法をテーマに、「書くコツ」をメルマガで、お伝えしたいと思います。
ご登録はこちらから。
https://hope-ex.jp/fx12617/O5yIHf

 


 

 

Copyright (C) 2018 schooltokyo All Rights Reserved.